坂下千里子「本当につらい!」夫の収入への不満を告白し、批判が殺到

 12月19日深夜放送の『チマタの噺』(テレビ東京系)に、タレントの坂下千里子(41)が出演。夫の厳しい収入事情を告白したが、これに批判が相次いでいるようだ。

 この日の放送で、坂下と仲の良いタレントのMEGUMI(36)が、過去に坂下と一緒にドラマ出演したときのエピソードを暴露。「(坂下の演技は)すごいヘタだった」そうで、坂下は子役タレントにまで励まされていたという。

 それに対し、坂下は「バラエティってカメラ見ちゃうじゃないですか。だけどドラマって見ちゃダメなんですよ」と言い訳。さらに「習ってないから分からない!」と言う坂下に、笑福亭鶴瓶(66)は「おまえとこの旦那、カメラマンやろ!」とツッコミを入れていた。

 その後、鶴瓶は坂下の夫について「フリー(カメラマン)やから、けっこう(年収)いってんねやろ?」と尋ねると、坂下は「そんなことないですよ」と渋い表情。「今の技術業界は厳しいよねぇ?」と同番組のカメラマンに同意を求めつつ、「一番予算削られるのが早いの技術のとこだから」「昔ほど全然バブリーじゃなくて……もう本当につらい!」とまくし立てた。

 そんな、夫の収入が少ないとグチる坂下に、視聴者からは批判が殺到。ネットには「テレビで給料が安いと言われる旦那の気持ちを少しは考えろよ……」「旦那の稼ぎの文句をテレビで発言するのはおかしい、神経を疑うレベル」「こういうことは外に言うもんじゃないわな、たいてい不仲の原因になる」「テレビでそんなこと言うのは旦那さんがかわいそうじゃないか? 思いやりがなさすぎる」など、坂下への厳しい意見が続々と上がっていた。

「今回、批判を浴びてしまった坂下ですが、2016年4月に出演した『あさイチ』(NHK)では、“カリスマママ”が作った手の込んだ朝食を批判し、主婦の共感を得ています。このとき坂下は、調理時間わずか2分の手抜き朝食を披露して、“私は一本筋が通ったグータラですから”と自虐。ですが、“完璧主婦”ばかり取り上げる風潮に一石を投じたと、世間の主婦から称賛されていましたね」(芸能誌ライター)――良くも悪くも正直!?

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:世界の果てまでイッテQ!