『魔法の天使クリィミーマミ』が5位! 女性に聞く「好きな変身ヒロインアニメ」ベスト5発表!!

 ハロウィンでは魔女の仮装が定番だが、いつの時代にも魔法を使える“魔女っ子”ヒロインのアニメは「もしも魔法が使えたら……?」という少女たちの妄想を膨らませてくれた。今回は30代と40代の女性100名に「好きな変身ヒロインアニメ」を聞いてみた。

 8%の人から支持され、第5位となったのは『魔法の天使クリィミーマミ』。テレビ向けに制作されたアニメで、1983年~1984年まで日本テレビ系で放送された。魔法の力で16歳に変身した10歳の女の子が、芸能界にスカウトされクリィミーマミとして大人気アイドルになるというストーリー。「マミの衣装がとにかくかわいかった」(38歳)、「紫色の髪の毛がセクシーだった」(40歳)といった意見が上がった。

 第4位(9%)は日本初の少女向けアニメであると同時に、記念すべき魔女っ子モノ第1弾でもある『魔法使いサリー』。原作は横山光輝氏による同名コミックで、1966年~1968年と1989年~1991年の2回にわたってテレビ朝日系でアニメ放送された。おしのびで人間界にやってきた“魔法の国の王女”サリーが、11歳の少女に変身して人間の友だちとの間に友情を築き上げていく。「昔の魔法使いと同じほうきで空を飛び、変身シーンのときのセリフや歌も流行ったので」(38歳)といった意見もあり、王道の魔法使いキャラを懐かしむ声が多かった。

 第3位は1974年~1975年にテレビ朝日系で放送されたテレビ向けアニメ『魔女っ子メグちゃん』。13%の人から支持された。魔界の女王になるための修行として人間界に送られたライバル関係にある二人がドタバタな毎日を過ごす。アンケートでは「メグの天真爛漫でかわいいとこが、大好きでした」(46歳)、「スタイリッシュでかっこよかった」(45歳)など、活発で健康的なメグを支持する意見が目立った。

 第2位(16%)にランクインしたのは、繰り返しアニメ化されてきた『ひみつのアッコちゃん』だ。赤塚不二夫氏による同名の漫画を原作に、テレビアニメ版1作目はテレビ朝日系で1969年~1970年に、2作目はフジテレビ系で1988年~1989年に、3作目もフジテレビ系で1998年~1999年に放送されており、幅広い年齢層のファンがいる。「テクマクマヤコンで別の人になれるところ」(34歳)、「コンパクトと呪文が印象的だったから」(36歳)、「呪文が良かった」(48歳)といった声の他、「姉妹でおもちゃで遊んでました」(38歳)といった声も。コンパクトのおもちゃを買ってもらい、実際に呪文を唱えてみた人も多いのでは?

 第1位に輝いたのは『美少女戦士セーラームーン』で、19%の人からの支持を集めた。武内直子氏による原案をもとにメディアミックス作品として企画され、漫画連載と同時期にテレビアニメ化された。1992年~1997年の間にテレビ朝日系で5シリーズ全200話が放送されている。「みんな抜群にスタイルが良くて顔もかわいくてセクシーで子どもの頃憧れた」(32歳)、「主役が複数いたのがかわいかった」(48歳)、「“月に代わってお仕置きよ”のポーズに憧れてステッキも買ってもらった」(30歳)といったコメントが寄せられた。本作は5位~4位の作品のような、いわゆる王道の“魔女っ子”とは違う、斬新な設定や豊富なキャラクターが人気を集めたようだ。

 女性なら誰もが一人や二人、お気に入りの”変身ヒロイン”がいるはず。少女時代に憧れた魔法少女を思い出し、しばしあの頃の思い出に浸ってみてはいかがだろうか?

アンケートサイト「ボイスノート」調べ
http://www.voicenote.jp/

本日の新着記事を読む