松本人志「ええ仕事しまっせ」竹林不倫・秋元優里アナに“アピール”

 1月14日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)でダウンタウンの松本人志(54)が、フジテレビのプロデューサーとの不倫疑惑で番組出演を見合わせた同局の秋元優里アナウンサー(34)について言及。秋元アナの“新たな不倫相手”に、名乗りを上げる場面があった。

 この日の番組冒頭、1月10日発売の『週刊文春』(文藝春秋)で、フジテレビの生田竜聖アナウンサー(29)と離婚協議中の秋元アナが、妻子ある40代のプロデューサーと不倫密会していたと報じられたことが取り上げられた。芸能レポーターの長谷川まさ子氏(55)の説明によると、昨年末から年明けにかけ、プロデューサーと神奈川県内の竹林や堆肥小屋、箱根湯本の温泉で逢瀬を重ねていたという。

 不倫報道後、MCを務める『ワイドナショー』を含む全レギュラー番組の出演を見合わせている秋元アナについて、松本は「僕が聞いたのは、本人は(番組に)出たいと言ったらしいんです。そうしたら、上層部のほうから“バカヤロー!”と言われた(らしい)」と暴露し、スタジオの笑いを誘った。

 それに対し、MCを務めるお笑いタレントの東野幸治(50)は、秋元アナに番組で真実を語ってほしいと要望。しかし松本は「難しいところやね」と答え、「雑誌に書かれているように、本当にあの人(秋元アナ)がそういう肉欲的な方なのであれば、僕もぜひ中継ぎぐらいには。“そこそこ、ええ仕事しまっせ”みたいな」と冗談を飛ばし、共演者を笑わせていた。

「秋元アナの不倫問題ですが、不倫した事実よりも、会っていたのが竹林と堆肥小屋というところが、話題になりました。秋元アナの雰囲気に合わないところが、妙に男心を刺激するようです。今までのようなアナウンサー活動を続けるのは難しいほどのダメージを受けた秋元アナですが、かつて細野豪志衆議院議員(46)との不倫愛がスクープされた山本モナ(41)のように、開き直ってタレントに転身するというのもいい手だと思いますよ」(女子アナウォッチャー)――今後に注目!

本日の新着記事を読む