滝沢カレン「抜群の演技力」に称賛集まる 松坂桃李もべた褒め

 1月22日放送の『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)に、タレントの滝沢カレン(25)が出演。再現ドラマで悪女役を演じたが、その演技力が絶賛されている。

 この日の番組では、「本当にいた! 笑っちゃうほど嫌な女SP」と題し、さまざまな再現ドラマを放送。滝沢は、視聴者から送られてきた2本の体験談に登場する“悪女”を演じた。

 まず1本目の再現ドラマで、滝沢は「褒められている人を見ると、すぐ否定したがる女性」を熱演。早口でかなりの長ゼリフをまくしたてるシーンがあり、ふだんの滝沢とは別人のような、よどみないセリフ回しを披露する。

 さらに滝沢は、2本目の再現ドラマで「マナー違反がヒドい迷惑女」を演じた。人気占い師の順番待ちをする行列で、大声で電話をするという無神経な女性の役で、滝沢は、電話で周囲の客をバカにする悪女ぶりを見せた。

 滝沢の意外な演技力の高さに、視聴者はビックリしたようだ。ネットには「滝沢カレンの早口演技、本気ですごくない?」「驚くほど滑舌よくしゃべってる!」「カレンちゃん演技うますぎ! もっと女優やってほしい!」「おバカキャラだと思ってたけど、もはやそれすら演技ではと思えるくらいうまい!」と、滝沢の演技を絶賛するコメントが続出した。

「滝沢カレンの再現ドラマが終わると、スタジオの出演者もドラマの内容そっちのけで滝沢の演技を絶賛していました。俳優の松坂桃李(29)まで、“セリフ回しすごいですね。あんなになめらかに……”とべた褒め。滝沢本人は演技をすることが“本当に楽しかった”そうで、かなり手応えを感じていたようでした」(テレビ誌ライター)――今年は女優としての活躍もありうる?

本日の新着記事を読む