笑福亭鶴瓶「もう諦めます」“大ファン”伊藤蘭の夫・水谷豊に完敗宣言

 1月26日に放送された笑福亭鶴瓶(66)のトークバラエティ『A-Studio』(TBS系)に元キャンディーズで女優の伊藤蘭(63)がゲスト出演。夫で俳優の水谷豊(65)との夫婦生活を語る場面が見られた。

 水谷と伊藤は雑誌の取材で初めて顔を合わせ、1982年10月から半年間放送された日本テレビ系列のドラマ『あんちゃん』で意気投合。親交を深め、1989年に結婚した。

 約30年間連れ添う二人。事前アンケートで水谷について「太陽みたいな人」と書いていたという伊藤だが、スタジオでは「最近は同じことばかり言ってますけどね」と報告。次の日の出発時間を教えたにもかかわらず何度も確認されることや、鍵を閉め忘れることなどが多いそうで、「うちの中で転んだりとかね。危ないですよね」と、最近の水谷についての愚痴をこぼし、鶴瓶から「やめときましょう! あの人(水谷)いてないのに怒りますよ。見てたら」とたしなめられていた。

 番組冒頭から「大っ好きな人です」と当時から伊藤の大ファンであることを明かしていた鶴瓶。トーク中から伊藤を前に緊張した様子を見せていたが、番組恒例の締めトークでは「伊藤蘭さんをずっと調べて、調べれば調べるほど、水谷豊がどんなに素晴らしいか、というのが出るんですよ」とコメント。

「水谷豊さんが、もうほんとに素敵なんだっていう、ランちゃんのことをほんとに愛して、すっごい優しいし、っていうのがいろいろなところで出てるんですよね」と語り、カメラの向こうの水谷に向けて「こんな幸せなね、伊藤蘭を見て。僕は幸せです」とコメント。「だから、もう諦めます」「これからもランちゃん、ひとつよろしくお願いします」とメッセージを送った。

「鶴瓶が司会を務める『チマタの噺』(テレビ東京系)にも、昨年6月に伊藤がゲスト出演しまして、そのときも鶴瓶は大ファンの伊藤を前にデレデレでした。いろいろなエピソードを聞き出していたのですが、鶴瓶的にはしどろもどろだったようで、“仕事になりません”“背中に汗かいています”と照れてばかりなのが印象的でした」(テレビ誌ライター)――いつもの締めのトークも思い入れの強さを感じました。

本日の新着記事を読む