銀杏BOYZ・峯田和伸の“自宅住所公開”に、同じマンションの山里亮太が大慌て

 シンガーソングライターで俳優としても活躍中の、銀杏BOYZメンバー峯田和伸(40)が、1月31日の『スッキリ』(日本テレビ系)に出演。番組内で自宅住所を披露したことで、同じマンションに住むタレントの山里亮太(40)を慌てさせる場面があった。

 この日、番組の“クイズッス”のコーナーに、2月10日から公開となるアニメ映画『ぼくの名前はズッキーニ』の日本語吹き替えを担当する峯田と、女優の麻生久美子(39)がVTR出演。以前、ライブを盛り上げるために規格外のことをやらなきゃいけないと考えていた時期があったという峯田が、スタジオに向けて「“これやんなきゃ良かったな”っていう、それぐらい後悔した出来事は何だったでしょうか?」とクイズを出題した。

 峯田は「正解は、自分の家の住所を公開しました」と過去の行動を発表。麻生が驚く中、峯田がそのライブ後に帰宅したところ、ファンが部屋に侵入してしまい、引っ越ししたというエピソードを語り、「本当にやんなきゃ良かったと思って」と後悔していた。

 現在も、家の前に不審な人物がいることがあるという峯田。峯田の友人でもある麻生は、それを聞いて「また、言ってみます? 住所」と悪ノリ。峯田は「なんで……、どういうこと?」と疑問を浮かべながらも、現在の自宅住所を口にして麻生を驚かせた。

 VTRでは自主規制音が入れられ、分からないように編集されていたものの、峯田は現在住んでいるマンションが、番組でナレーションを務める山里亮太と同じだと告白。VTRを見た山里は「何が困るってね。本当に同じマンションなのよ。今のピロピロピロのところ出したら、結果、山ちゃんの住所もバレちゃうから。恐ろしいよ!」とコメント。番組MCの加藤浩次(48)が「でも峯田さんは、言ってもいいつもりで言ったよね」と驚くと、山里も「“カットしてくださいね”とかじゃないのよ。本当に言っちゃってたの。すごいよね」「というわけで、スケールがデカい男でございました」とコーナーを締めていた。

本日の新着記事を読む