矢口真里「30歳超えてから年下が好きに」ノロケ発言に照れまくり

 2月3日深夜放送の『二軒目どうする?~ツマミのハナシ~』(テレビ東京系)に、タレントの矢口真里(35)が出演。熱愛を噂されている年下の男性について語った。

 今回の放送は、矢口を飲み仲間に迎え、TOKIOの松岡昌宏(41)と博多華丸・大吉の博多大吉(46)が東京都中央区の八重洲を飲み歩くことに。1軒目を出たところで、矢口が「まだ帰りたくない」と甘えると、松岡は「なんだよ〜、ドキッとした」と笑った。そして一行が2軒目に向かったのは、築地から毎日仕入れる極上の海鮮料理が味わえる“いづみや”。生ビールで乾杯すると、松岡は「よし、(昨日のお酒に)勝った!」とつぶやき、「ワタクシ、今日(収録日は1月11日)誕生日でございまして、(昨日は)ガンガン飲まされました」と明かし、矢口を「やっぱりスターの誕生日って違うんですね」と驚かせていた。

 松岡が「蒸し返すようで悪いけどさ」と前置きしたうえで、「時期がセーフだったね」と、矢口の2013年の不倫発覚事件について触れ、「去年だったら、大変だぜ。もっと(バッシングが厳しかった)」「やぐっちゃんがテレビに出ているのを見ると、良かったなぁ~って思うもん」と発言。しかし矢口は「今だに、そういう(不倫した)人たちのランキングで“一番許せない人”1位ですからね」と嘆いていた。

 また、松岡が昨年報じられた矢口の交際相手について、もう結婚していたものだと思っていたと言うと、大吉が「(矢口が)結婚宣言したとネットニュースで見た」と言及。すると矢口は「隠すのがもう嫌になってきて、(結婚の)準備してますっていうのは、はっきり言いました」と説明。「今年(結婚)したいです」と、はっきり結婚宣言をした。

 さらに、矢口が交際相手は5歳下で、「30歳超えてから、年下が好きです」と語ると、大吉が「リアルですねぇ」とニヤリ。矢口は「恥ずかしい。めっちゃハズい」と照れ、大吉が「年下のほうが楽ですか?」と問うと、矢口は「なんか、夢追い人みたいな人が好きなんです」と独自の男性観を披露した。

「矢口は1月24日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、過去の彼氏を調べられていましたが、みんな背が高いという共通点があって、男の趣味がはっきり分かりました。今回結婚宣言をしたお相手の、元モデルの梅田賢三氏(30)も180センチ近くあるので、そのへんはブレていないようです」(芸能誌記者)――お幸せに!

本日の新着記事を読む