ももいろクローバーZ・百田夏菜子「結婚しても続けたい」生涯アイドルを宣言!

 2月20日放送の『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)に、ももいろクローバーZの百田夏菜子(23)、佐々木彩夏(21)、玉井詩織(22)、高城れに(24)が出演。有安杏果(22)卒業後の展望などについて語った。

 番組パーソナリティの伊集院光(50)から、有安卒業後の“激動の年始”について問われると、リーダーの百田は「振り返る暇もなく、今来ているので。ネガティブな気持ちにならないというか、落ち込む暇もなかったので。前を向くしかない状況に、ある意味感謝したいなと思います」とコメント。そして、初めて四人体制で行ったライブイベントについて、「(歌の配分と振付を)ほぼゼロから作り直したんで、新しいスタートを切れたって感じがしますね」と語り、「バカみたいにポジティブにいくしかないので。周りから、“あいつらバカだな”って思われるぐらい前向きにいくしかない」と決意を明かした。

 また、伊集院が今でも覚えているとして、ももクロメンバーが自身の別のラジオ番組に出演したときのエピソードを披露。収録の合間に、高城が「ずっと時間がたって、私たちって幸せになれるんですかね」と、急に聞いてきたそうで、そのときに伊集院は何の保証もないのに「なれるよ」と断言したところ、五人は納得したように「良かった〜」と帰っていったのだという。これを聞いた高城は「たぶん“私たち結婚できるのかな?”」という意味で聞いたのだと説明し、伊集院の言葉でホッとしたのだと明かした。

■ライブの途中で授乳もあり!?

 その後、伊集院が「みんなは、ももクロの未来について、どういうふうに描いてる?」と問うと、百田は「女性って結婚とか、子ども産んだりとか、いろいろあるので、(アイドルを)続けていくのって難しいとは思うんですよね。それでも、結婚しても子ども産んでも、グループとして続けていけたらいいよね」と、メンバーで話していると明かした。さらに伊集院は「(ライブの)振付の途中で、“授乳なんで”って(舞台袖に)戻っても、ももクロは大丈夫なんだと思うよ」と、結婚して出産後もアイドル活動を続けるのは可能なのではないかと推測。すると、玉井は「そんなのやりたいよね〜」と乗り気な様子を見せ、百田も「(授乳中はファンの)みんなが静かにしてくれそうだもんね」と笑っていた。

「かつては10代だったももクロメンバーも年頃を迎え、人生の岐路を迎えようとしています。アイドルでは、元AKB48の須藤凜々花(21)のように、結婚で卒業を決めるパターンもありますが、時代もファンも変わります。ももクロのメンバーが語ったような、ママタレならぬママドルというのも、これからはありかもしれませんね」(アイドル誌ライター)――ももクロちゃんならできる!

本日の新着記事を読む