欅坂46、ドコモ新CM大好評で「止まらない快進撃」

 NTTドコモの新CMに欅坂46が登場。大型タイアップで躍進を続ける彼女たちに、ファンからは「これこそ国民的アイドル!」「欅坂人気は、もはや社会現象」と称賛の声が巻き起こっている。

 欅坂46がタイアップした新CMは、「欅坂で会合」篇と「ハピチャン」篇の2本。TVCMソングとして、欅坂46の6thシングル『ガラスを割れ!』が使用された。

 「欅坂で会合」篇は、綾野剛(36)がオフィスで「堤キャップ、また会長と会合だって」というセリフでスタート。高畑充希(26)の「赤坂ですか?」という質問に「いや、欅坂って言ってたな」と答えると、画面は欅坂46のライブステージに。『ガラスを割れ!』を熱唱するステージの前で、堤真一(53)と将棋棋士の加藤一二三氏(78)が、観客と一緒にサイリウムを振り続けるというストーリーが描かれている。

 一方の「ハピチャン」篇では、欅坂46のプロモーションビデオ撮影現場が舞台。同地を訪れた綾野から「ドコモの“ハピチャン”をどう思いますか」と取材形式で尋ねられると、メンバーは「どうして携帯会社から」「ハンバーガーをプレゼントされるのか」と答える。「では皆さんはもらいに行かないと?」と聞き返されると、声をそろえて「絶対行きます」と返答。綾野が目をパチクリさせるという内容だ。

 欅坂46を大々的にフィーチャーしたCMに、ファンは大興奮。ネットには「欅坂、AKBと乃木坂に並びましたね」「この勢いは本当にすごいと思う!」「欅坂の快進撃には驚かされるばかり」「頑張りすぎないように、でもこのまま勢いづいてほしい!!」といったコメントがあふれている。

「欅坂46は1stシングルの『サイレントマジョリティー』がオリコン初登場1位を獲得。女性アーティストのデビューシングル初週売上でも歴代記録を更新し、同曲で2016年の『NHK紅白歌合戦』にも出場しました。デビューから破竹の勢いで活躍し、2017年の紅白でも圧巻のパフォーマンスが話題になったばかりです」(音楽誌記者)

 なお、「ハピチャン」篇はメイキング動画も公開中。撮影の合間にメンバーが笑顔も見せており、貴重な映像となっている。“欅坂人気”はどこまで高まるのか、今後の活動から目が離せない。

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:世界の果てまでイッテQ!