大政絢、ガリットチュウ福島の“ダレノガレ明美”ものまねに驚愕「すごい!」

 2月20日放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)に、モデルの大政絢(27)が出演。モデルでタレントのダレノガレ明美(27)にふんしたモノマネ芸人があまりに似ていたため、驚嘆していた。

 この日は、大政がゲストとして登場し、総勢50人以上の“ガヤ芸人”たちと、さまざまなトークを繰り広げた。その中で尼神インターの誠子(29)が、インスタグラムのフォロワーが約58万9000人(2月21日現在)いる大政に、さまざまなモノマネ姿にふんしたガヤ芸人たちと一緒に写真を撮って番組公式インスタに投稿し、“いいね”の数を競うという企画を提案した。

 これに大政が喜んで応じると、計4組のガヤ芸人たちが次々にモノマネ姿を披露。ガリットチュウの福島善成(40)が、ダレノガレのモノマネ姿で登場したところ、その完成度の高さに、大政は「すごい!」「どうして!?」とビックリ仰天。タレントのヒロミ(53)も「似てる!」「ダレノガレだわ!」と驚きの声を上げたが、フットボールアワーの後藤輝基(43)は「ロシアの格闘家のデカさや!」と身長180センチ、体重83キロの福島にツッコみ、スタジオの笑いを誘った。

 そして、大政と福島は写真を撮影するため、横に並んだのだが、小顔の大政に比べて、福島の顔の大きさが際立つハメに。それに対し、後藤やヒロミが「でかいわ!」「“ダレノガレ、顔でかっ”ってなる」と指摘すると、福島は大政よりも後ろに下がり、遠近感をつけて撮影。それが功を奏したのか、計4組の写真についた“いいね”の数が、福島は287個で2位という上々の結果だった。

「福島が昨年11月、自身のインスタグラムにダレノガレのモノマネ姿を投稿したところ、ダレノガレ本人から“似てます”“似すぎてなんも言えないです”と絶賛され、話題となりました。ダレノガレの他にも、俳優の船越英一郎(57)や大相撲の貴乃花親方(45)など、モノマネのレパートリーは幅広く、その完成度の高さには驚くばかりですね」(芸能誌記者)――ぜひ本人と共演してください!

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:世界の果てまでイッテQ!