坂上忍&梅沢富美男「うるさ型オヤジ」にオファー殺到のワケ

 番組に出ては言いたい放題の辛口で鳴る2人にオファーが殺到中。今なぜ、うるさ型がウケるのかを徹底分析する。

■『とんねるずのみなさんのおかげでした』『めちゃ×2イケてるッ!』の後番組に

 テレビ界で現在、4月の改編期を前に大きな話題となっているのが、坂上忍(50)と梅沢富美男(67)のご両人。3月いっぱいで30年の歴史に終止符を打つ『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の後番組に、坂上司会の新番組がスタートするとスポーツ紙各紙が報じ、同じく3月で終了する22年続いた『めちゃ×2イケてるッ!』(同)の後には、特番で好評だった『梅沢富美男のズバッと聞きます!』のレギュラー昇格が伝えられた。「ここ数年は、視聴率は低迷していましたが、『みなおか』と『めちゃイケ』は、どちらも長く日本のテレビ界をリードしてきたフジテレビ伝統のお笑い番組です。その枠を引き継ぐのが芸人ではなく、2人の毒舌オヤジタレントであることに、業界内から驚きの声が上がっています」(放送作家)

■有吉弘行、マツコ・デラックスと合わせて“毒舌四天王”

 だが、現在のテレビ界で、2人の人気と視聴者からの信頼を考えると、このキャスティングも納得である。「坂上は昨年のテレビ出演本数が493本。梅沢も上半期だけで2016年の1年分を上回る150本超を記録し、年間で約300本に出演を果たした超売れっ子。有吉弘行、マツコ・デラックスと、この2人が“毒舌四天王”として、現在のテレビ界を盛り上げているんです」(前同)

 その一方で、アベマTVの番組内で昨年、発表された〈父親にしたくない俳優〉ランキングでは、1位が坂上、2位が梅沢とワンツーフィニッシュ。嫌われ者の2人が、なぜ、こんなにもウケているのか。芸能リポーターの川内天子氏が言う。「批判や炎上をできるだけ避けようと、誰もテレビで“本音”を言わなくなった時代に、誰に忖度することなく“文句があるなら、かかってこい!”とばかりにオブラートに包まず、本音をぶつけてくる。そんな2人は常に番組の刺激物となって予定調和をぶち破り、視聴者に新鮮な驚きを与えてくれる。その痛快さ、小気味良さが人気の秘密ですよ。フジはいい選択をしたと思います」

■『バイキング』で貴乃花騒動を一刀両断

 確かに、2人の発言は聞いていて気持ちがいい。特に坂上は、自身が司会を務める『バイキング』(フジ系)の中で、元横綱・日馬富士による貴乃花部屋の貴ノ岩暴行事件に端を発する、昨年末からの相撲協会の不祥事への対応やマスコミの報道姿勢を一貫して疑問視。同じように協会に違和感を覚えていた多くの視聴者から喝采を浴びた。

「11月30日に開かれた協会の理事会後の記者会見で、危機管理委員会の高野利雄委員長が“貴ノ岩がすぐに謝れば、その先(暴行)には行かなかった”と説明したことを受け、“よく、こんなこと言えましたね。どう考えても加害者(日馬富士)寄りじゃないですか。この人が危機管理の委員長っていったら、それこそ相撲協会ってフェアな判断してくれるの? って思っちゃう”と怒りを爆発させました。これには、“よく言ってくれた!”の声が、ネットやSNSに溢れました」(スポーツ紙記者)

 先日は、新たに浮上した春日野部屋での傷害事件の報道に際して、日本相撲協会の公益財団法人資格を剥奪すべきと繰り返した。「この問題では、相撲に精通した専門家として、“東京相撲記者クラブ会友”の肩書を持つ識者が各番組に呼ばれましたが、彼らは協会に食わせてもらっている立場ですから、協会に批判的なことなど言えません。ずっと貴乃花親方に批判的で、何を聞いても問題の本質に切り込むようなことはなく、視聴者をモヤモヤさせるばかり。坂上の言葉は、いつも、そのモヤモヤをスカッと晴らしてくれます」(前同)

『バイキング』は、『笑っていいとも!』の後継番組として14年4月にスタートしたが、視聴率は大苦戦。スタートから1年後、月曜日の曜日司会だった坂上を帯でのメイン司会に据えてリニューアルすると、数字が徐々に上がっていった。芸能ジャーナリストの渡邉孝浩氏が言う。「最新の政治や事件、スキャンダルをテーマにして、坂上が本音を炸裂させるスタイルを番組の中心に据えたら、さらに多くの支持を集めるようになりました。毒気のないコメントと軽いノリばかりで、何を見ても同じような今のテレビに、もう視聴者はあきあきしています。そんな時代に求められるのは、賛否を恐れず、本音で語る坂上の“ウソのないスタンス”なんでしょうね」

■ブルゾンちえみの“WithB”として活動するブリリアンを一喝

 一方の梅沢も、歯に衣着せぬ自由な発言が、多くの視聴者に支持されている。「梅沢さんの発言は、頑固オヤジ、人情オヤジのそれ。その多くは、世間に対する怒りと、少しの下心。実に人間臭く、かわいらしくも見えます。ただ、言っていることにはウソがなく、誰もが思っている本質をズバリと貫いていることが多い。それが共感を呼び、意見に耳を傾けたくなるんです」(前同)

 昨年4月、ゲスト出演した『バイキング』で、闘病中だった小林麻央さんのブログに誹謗中傷コメントが寄せられることを取り上げた際には、「そんなこと書くんなら、名前と住所と電話番号くらい載せておけ!」と激怒。これでネット上には、「梅沢富美男が言いたいことを全部言ってくれた」と、ご意見番の一喝に賛同する声が溢れた。

 また、同5月に出演した『深イイしゃべくり毒舌合体SP』(日本テレビ系)では、女性に対する、こんな発言が話題になった。「梅沢は、本人も“これまでの浮気回数は80回”と公言する女好きの遊び人ですが、その女性観を“背中にちょっと肉がつく頃。胸の位置もちょっと下がる頃が一番色っぽい。抱いていて美味”と語ったんです。セクハラとも取られかねない発言でしたが、逆に世の女性から“自信がついた”と歓迎されたくらいです」(芸能記者)

 2月3日放送の『欽ちゃん&香取慎吾の第95回全日本仮装大賞』(日本テレビ系)では、ブルゾンちえみとともに“WithB”として活動するお笑いコンビのブリリアンが番組史上初の「0点」を叩き出すと、審査員の梅沢は露骨に不機嫌な顔を見せ、「正直に言え! 何回くらい練習したんだ?」と公開説教。その迫力にビビリまくりのブリリアンが、消え入りそうな声で、「5回くらい……」と答えると、「帰れ!」と一蹴した。「これは毒舌に見えて、自分の怒りオヤジキャラを利用し、スベったブリリアンをイジることで救ったナイスプレイだったんです。好き勝手にやっているように見えて、こうしたバラエティ番組を盛り上げるツボを心得ているのが、梅沢さんのスゴいところ。芸能界広しといえど、芸人以外で、こんな立ち回りができる人は他に見当たりません」(前出の放送作家)

 件の相撲協会の暴行事件では、「オレだって、言うことを聞かせるために弟子を殴ったことは何度もある。そりゃそうですよ、悪いことをしたやつには言い聞かせないと」と、暴力を肯定するようなキケンな発言も。一部には非難する声もなくはないが、「偽善的コメントで済ますこともできるところを、嫌われても批判されても、正直に自分の意見を言い切る潔さが、逆に好感を持たれるんです。こうなると、もう無敵ですよ」(渡邉氏)

 我々の代弁者でもある2人のオヤジが、新番組でテレビ界に、どんな風を吹かせてくれるか楽しみだ。

本日の新着記事を読む