花田優一に「君はどこを目指してんの?」くりぃむしちゅー上田晋也が強烈ツッコミ

 2月25日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に、大相撲の貴乃花親方(45)と元フジテレビの河野景子アナウンサー(53)の長男であり、靴職人でタレントの花田優一(22)が出演。両親について語る場面があった。

 司会を務めるくりぃむしちゅーの上田晋也(47)が「親方って、寡黙で無口な、あんま無駄口叩かない印象あるけど、けっこうふざけたこととかお好きだよね?」と質問。すると花田は「めちゃくちゃしゃべりますね。クッソつまんないダジャレをずっと言ってますから」と貴乃花親方の意外な一面を暴露。さらに家族は仲が良く、言いたいことを皆が言い合う風通しの良い関係であることを語った。

 また、上田が「ラジオのパーソナリティとかもやってるんでしょ?」と聞くと、花田は昨年から15分の番組をやっているとトーク。最初からうまかったのかと聞かれると「ヘタではないと思います!」と胸を張るなど、負けん気の強いところをみせた。

 そんな花田を見て、上田が「君はどこを目指してんの? 靴職人としてはやっていくんだよね?」とツッコミを入れると、花田は「はい、もちろん! だから靴職人がどんなことをやっているのか皆さん分からないし、たとえば家のことでも、特殊な家庭に育ってるぶん、職人さんに触れる機会がすごく多いので。そういう、皆様が聞いたことないような話を番組内ではしてます」と自分がラジオをやる意義を熱く語っていた。

 その後上田が、しゃべりのプロである元アナウンサーの母にダメ出しされるのかと聞くと、花田は「プロなんで(母に)聞いてもらうじゃないですか。まあ大げんかになりましたよね」と告白。なぜかと問われると「間が悪いだの滑舌が悪いだの、練習しなさいとか言われて」と納得のいかない表情を浮かべた。それを聞いた上田が「ヘタなんじゃないか?」とツッコむと、ムキになった花田は「うまいの!」と思わずタメ口になっていた。

 花田のムッとした表情に、上田や藤木直人(45)、森泉(35)は思わず爆笑。これにやや動揺したのか、花田は「人ってさ、まずほめられてから言われるのはいいけど、何のいいことも取り上げずに、嫌なことばかりを言われるのは嫌じゃないですか!」と、タメ口を混じえながら自身の意見を主張した。

 さらに上田が「お父さん、ラジオ聞いてないの?」と質問すると、花田は「聞いてほしくないですね、絶対」と渋い顔に。「僕がテレビとかラジオに出ること自体、まったくいい感情を持ってないので。職人が表舞台に立つ必要がどこにある、みたいな」と、親方に活動を反対されていることを暴露。しかし「僕にも信念があって」「今の時代、昔みたいに人口が増えてるわけでもないし、若者の人たちが一つでもね、就職活動したいって思ったときに、企業じゃなくて職人になろうかなって選択肢が増えるためにやってるんです」と語っていた。

「花田優一の本業はあくまで“靴職人”ですが、2017年8月から芸能事務所とマネジメント契約を結び、タレントとしても活動しています。日本中が知っている有名な両親や家族を持つセレブであり、“職人”。芸能界広しといえども珍しい存在ですから、今後の活躍が楽しみですね」(放送作家)

 偉大な父親を納得させる活躍ができるのか、今後に注目だ。

本日の新着記事を読む