『サザエさん』、サザエの作った「愛情弁当」にツッコミ殺到!

 2月25日放送のアニメ『サザエさん』(フジテレビ系)で、サザエがちょっと変わったお弁当作り、視聴者からツッコミが殺到したようだ。

 この日放送された「優しい姉さん」というエピソードでのこと。勉強中のカツオのところにやってきたサザエは、「そんなものが分からないの?」とひと言。これに腹を立てたカツオが「姉さんに分かってたまるか」と返すと、2人は取っ組み合いの大ゲンカに。

 その後、マスオとカツオが一緒に遊んで、服を泥まみれにして帰宅。しかし、サザエは怒ることもなく、むしろ2人が仲良く遊んできたことを喜ぶ。

 そんなサザエに対し、カツオは「優しかったり、怖かったり、差が激しいんだから」とワカメに愚痴をこぼす。

 ある日、カツオは午前中からサッカーの練習をすることになり、お弁当が必要になる。しかしフネは外出中で、作ってくれる人がいないとカツオが困っていると、それを知ったサザエは「私が作ってあげるわよ」と助け舟。カツオは、サザエの作ったお弁当を持って出かける。

 練習後、みんなと一緒にお弁当を食べることになったカツオが、サザエの作ったお弁当の包みを開くと、中には巨大なサッカーボール型のおにぎりが2つだけ入っていた。

 そんなカツオのお弁当を見た友達は、「すごく凝ってるね」「サッカーに合わせてくれたんだね」「優しいわね、磯野くんのお姉さん」と大絶賛。カツオも満足そうな表情だった。

 しかし、このサザエが作ったサッカーボールおにぎりには、視聴者からツッコミが殺到。ネットには「普通の弁当のほうがいいわ」「ごめん、手抜きにしか見えない」「おかずなしで、おにぎりだけとか……」「お友達はみんなおかずがある弁当なのに。おにぎりの中身は肉だと信じたい」「誰でも作れる手抜き弁当じゃないか」「サッカーボールおにぎりだけとか、きつくない?」「友達の褒め殺し感がすごい」といったコメントが寄せられていた。

 視聴者からは不評だった“サッカーボールおにぎり”。しかし、当のカツオは大喜びしていたので、弟のツボを心得た、姉のファインプレイだったということだろう。

本日の新着記事を読む