トリバゴCM美女・ナタリーの演技を、内村光良がベタ褒め!

 2月26日放送の『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)に、ホテル料金比較サイト“トリバゴ”のCM出演でおなじみの外国人美女、ナタリー・エモンズ(年齢非公表)が登場。「紹介の仕方から面白すぎる」と大好評だ。

 ナタリーが出演したのは、今回から始まった新コーナー“救世主は外国人スカッと”の再現ドラマ2本。番組のナレーションでも「日本語ペラペラのあの美女が、ホテル探し以外でもあなたをお助け」と紹介された。

 1本目のドラマは、お好み焼き屋で働く女性からの投稿で、混雑した店内に「席を空けろ!」とどなり散らす、迷惑な男性客が登場。そこへナタリー演じる外国人客が、「私が知ってる日本人は、あなたのように非常識ではありません」と一蹴してみせる。

 2本目は通勤ラッシュ中のバスの中で、1人の男性が女子大生の抱えるリュックが邪魔だと抗議。“最近の若者には思いやりがない”と主張する男性の前で、ナタリーはリュックを前に抱える女子大生の配慮を絶賛して、男性を撃退する演技を見せた。

 ナタリーのドラマを見たMCの内村光良(53)は、「すごく澄んだ目をしているよね」とナタリーの瞳をべた褒め。銀シャリの橋本直(37)も「痛快でしたよ。水戸黄門見てる感じ」と、彼女の痛快な説教に感心していた。

 ドラマの直前には“トリバゴ”のCM映像も流され、視聴者は「本当にCMのお姉さんだ」「“トリバゴのお姉さん”って肩書きに笑った」「めっちゃ顔知ってるのにお名前初めて聞いたなぁ」と大爆笑。「トリバゴお姉さん本当に美人」「吹き替えだと思ってたら日本語とても上手でびっくり!」と、ナタリーに好感を持った人が多かったようだ。

「彼女は“トリバゴ”以外にも数々のCMに出演していますが、シンガーソングライターでもあります。アメリカでは“Strae(ストレイ)”名義で活動しているようです」(音楽ライター)

 次に登場するときは、どんなスカッとフレーズが飛び出すのか楽しみだ。

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→ダウンタウンなう