「かわいい!」ガンバレルーヤよしこのギャル時代写真に驚きの声が続出

 3月12日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に、ガンバレルーヤのよしこ(27)とまひる(24)が出演。よしこの意外な過去が明かされ、ネット上に驚きの声が相次いだ。

 この日は“ガツガツ生きる女性は幸せなのか?”と題し、ガンバレルーヤに密着したVTRが紹介された。そのVTRの後半、まひるが「よっちゃん、ギャル漫才師目指してたんだよな?」と話を振ると、よしこは「そうなんですよ」と返答。現在のよしこは濃い眉毛にピンクの派手なチークという、特徴的なメイクをしているが、以前はギャルメイクをして“ギャル漫才師”を目指していたという。

 その後、写真で紹介されたギャルメイク時代のよしこは、現在の太眉とは真逆の細い眉に茶髪という、まさにギャルファッション。その姿に、MCを務めるお笑いタレントの今田耕司(52)らから「かわいい!」などの声が上がっていた。もともと自身の顔がコンプレックスで、それを隠すためにギャルメイクをしていたよしこだが、ギャル漫才では結果が出ず。そんなときにまひるが「よっちゃんは、そのままのよっちゃんが面白いよ」という言葉をかけ、よしこは何かが吹っ切れたように今のメイクに変えたのだという。

 この日の番組を観ていた視聴者からは、「よしこのギャル時代かわいいじゃん!」「わざと変なメイクしてブサイクにしてるのか」「ギャルだとよしこってわからないけど美人さんだね」などの反響が続出。意外な過去の告白で、好感度は確実に上がったようだ。

「よしこは2017年12月15日に放送された『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、プロのメイクや撮影技術で別人のような写真を撮る“奇跡の1枚”というコーナーに出演したときも、話題になりました。そのときは、明るい茶髪にウェーブをかけ、ツインテールに。メイクも淡いピンクの口紅でカワイイ路線だったんですが、これがなかなかでしたよ」(芸能誌記者)――メイクってすごい!

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→水曜日のダウンタウン