土屋太鳳の情報を総まとめ!美人の姉、イケメンの弟からダンスの実力、熱愛騒動まで

 主演映画も続々公開、数々のCMにも出演中、それだけではなくファッション雑誌でも活躍している土屋太鳳。大河ドラマ『龍馬伝』や朝ドラなどNHK作品に出演が多いのもクリーンなイメージが定着しているからだろう。大きな注目を集めている清純派女優の彼女だが、気になる恋愛事情やダンスや歌の実力はどれほどのものなのか記事としてまとめていこう。

【目次】

 

 

■土屋太鳳のプロフィール・経歴

 

 

 一風変わっている名前の「太鳳」だが、これは母親が見た予知夢に由来される本名。芸能界入りのきっかけとなる「ミス・フェニックス」オーディションには、鳳凰から来ている名前の繋がりからピンときて応募したという。

【関連記事】

土屋太鳳に松坂桃李も!「芸名っぽいけど本名」の芸能人たち

■芸能界デビューを目指した理由は?

 土屋が演技に興味を持ち始めたのが10歳の頃、当時新聞で見かけたオーディションに応募したのが直接のきっかけだと出演した関西のラジオ番組で語っている。

●2005年に「スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックス」のオーディションで審査員特別賞を受賞

 同コンテストの特別賞を最年少で受賞した後、2008年に公開された『トウキョウソナタ』で映画初出演を果たす。その時に共演者の香川照之、津田寛治の姿を見て、女優を本格的に目指すようになった。

●日本女子体育大学に進学

 2013年に芸能活動が許可されている女子高を卒業し、4月には日本女子体育大学体育学部運動科学科舞踊学専攻に進学。多忙ながらも大学での勉強にも励むが出席日数が足りず、ストレートでの卒業はできていない。

【関連記事】

マラソンに相撲も! 土屋太鳳のすごすぎる身体能力!

土屋太鳳が、ルーティンの過酷トレーニングを明かす

土屋太鳳は手術も!? 美女たちが「弱点を克服した方法」とは

『鳥人間コンテスト』土屋太鳳の“号泣応援”に、視聴者もらい泣き

■歌唱力・ダンスの実力が評判に

 数々のCMなどで見せるキレキレのダンス、はたまた歌も披露するなど才能に溢れる彼女だが、様々なアーティストとのコラボレーションも多い。そんな作品を紹介しよう。

●初の声優を務めた『フェリシーと夢のトウシューズ』の主題歌を担当

 洋画アニメ『フェリシーと夢のトウシューズ』の日本語版吹き替えで初の声優に挑戦し、主題歌「Felicies」の作詞と歌唱も担当した。バレリーナを目指す少女フェリシーの成長を描いた映画で、歌詞の内容は周囲の方々への感謝や想いを込めたもの。

【関連記事】

『フェリシーと夢のトウシューズ』土屋太鳳「主題歌歌唱&作詞」に、ファンの期待高まる

土屋太鳳「アニメ映画の主役起用」に、アニメファンが期待する理由

●CMやミュージックビデオでダンスを披露

*高校在学中はダンス部に所属

 高校在学時には創作ダンス部に所属していた土屋太鳳。忙しい仕事の合間を縫って練習にも励み、全国大会にも出場したほどの腕前だった。幼い頃はバレエや日本舞踊も習っていたり、ヒップホップダンスや沖縄の踊りであるエイサーも踊れるダンスの才能の持ち主なのである。

*ミュージックビデオにも出演

 オーストラリア人歌手・シーアの「アライヴ」のミュージックビデオではコンテンポラリーダンスを披露。全編通して土屋が1人で踊るシーンのみで構成されたこのMVのために3週間猛特訓をしたそう。圧倒的表現力を見せたこのダンスのためのトレーニングに真剣に打ち込む姿が、情熱大陸で取り上げられて話題となった。

*紅白では郷ひろみとも共演

 第67回NHK紅白歌合戦では郷ひろみの「言えないよ」の曲でダンスを踊った土屋太鳳。ステージにダンスで参加した際、その仕上がりに郷ひろみも絶賛した。

【関連記事】

土屋太鳳「吉高も大絶賛」超絶ダンスの秘密

土屋太鳳、ダンス披露CMが多すぎ?「いつも踊らされてるよな」

■土屋太鳳の性格・プライベートは?

 清楚なイメージで好感度も高く、数々のCMやテレビ出演をしている彼女。ダウンタウンの浜田雅功の次男とは同じ幼稚園、小学校。『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に土屋太鳳が出演した際、浜田は「小っちゃい頃から知ってる」と明かした。また、俳優の野村将希の次男で、同じく俳優の野村祐希とは、3歳からの幼なじみ。

 ブログやインスタグラムでは、毎回長文を更新することでも有名で、まじめでひたむきな性格を感じさせる。

【関連記事】

ピュアすぎる土屋太鳳の恋愛観に、チュートリアル徳井がメロメロ!?

土屋太鳳「一人焼肉にウイスキー」意外な素顔を公開

土屋太鳳のあだ名は「チューチューマン」幼なじみの暴露に赤面

毎日1000字超!? 土屋太鳳「長文すぎるブログ」が大好評!

土屋太鳳「団結する感じが好き」ガヤ芸人と大縄跳びで大興奮

■姉も美人で弟・神葉も俳優として活動

●土屋太鳳の家族構成

 父・母・姉・土屋太鳳・弟の5人家族。弟は芸能活動をしている。

●姉・土屋炎伽

 アメリカンフットボールXリーグ・富士通フロンティアーズのチアリーダーで富士通の社員だという姉・炎伽(ほのか)。SNSには大学在学中や現在の所属チームの写真も掲載されおり、美人と評判。姉妹仲もいいとのこと。

●弟・土屋神葉

 子役としても活動していた弟の神葉(しんば)。ジュノンボーイのオーディションで上位100人に残ったことがあり、俳優、声優として活動。アニメ『ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校』『龍の歯医者』『ボールルームへようこそ』『BEATLESS』『サンリオ男子』などに声優として出演している。

【関連記事】

土屋太鳳「大好きです!」弟の声優・土屋神葉への“ガチ愛”を明かす

■山崎賢人、福士蒼汰、千葉雄大との熱愛説は本当?

 多くの作品に出演している彼女なら共演者との熱愛報道も出て当然だ。写真週刊誌などでも「土屋太鳳、熱愛!?」と報じられることも少なくない。

●山崎賢人

 2016年春に山崎賢人との熱愛の噂を週刊文春が報道した。記事によると新宿の焼き肉店で密会し、3時間個室で過ごした後にそれぞれタクシーで帰宅したというのだ。二人はNHK朝の連続テレビ小説『まれ』や映画『orange』など共演の機会が多かったため、恋人関係に発展しても何ら不思議ではないが所属事務所は報道を受けて「仲良くさせていただいています」というコメントを発表した。

●福士蒼汰

『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)にそろって出演したときに「番組中の二人のアイコンタクトが多いのはつきあってるから?」と噂が出たこともある。トーク中に意味深に何度も目を合わせていた土屋と福士を見た明石家さんまからも「この2人、3か月後あるで~」と熱愛を疑われていた。

●千葉雄大

 映画『兄に愛されすぎて困ってます』での共演で急接近したという噂。『踊る!さんま御殿!!』でのトーク中に、土屋太鳳が理想の異性のタイプを語った後に「すごく謙虚でいろんなことをすごく考えられてお芝居もされる」と千葉雄大を絶賛。またしても明石家さんまから「千葉くんのことやん、さっき好きや言うてた人」とツッコまれ、土屋の好意を持ったコメントに千葉がデレデレになる姿が放送された。

【関連記事】

土屋太鳳、佐藤健を「健先輩」と呼んで大ブーイング!?

土屋太鳳、松本人志も陥落した「新・魔性の女」ぶり

土屋太鳳、人気声優・宮野真守&梶裕貴との3ショットに「羨ましい!」

■土屋太鳳出演のCM

 得意のダンスを活かしたり、活発な印象で商品をアピールしたりする内容のCMが多い。それだけ「土屋太鳳=清純」というイメージが浸透している証拠だ。

●ロッテ「ガーナ」

 「予想外に自転車」篇では、放課後、バレンタインチョコを渡そうと思ったらその日に限って自転車で帰宅する気になる男子をコミカルに追いかける。土屋太鳳、松井愛莉、広瀬すずの3人が共演する内容のバージョンもあり。

●株式会社ディスコ「キャリタス就活2017」

「私の武器は今まで生きてきた時間です」のキャッチフレーズとともに、就職活動に励む学生を演じている。このCMの為に書き下ろした『夢』を歌うGReeeeNとの対談も話題になった。

●イーデザイン損害保険

 土屋太鳳扮する妖精が自動車保険をアピールしたり、近年のバージョンでは織田裕二と共演しオペレーター役を好演している。

●エイブル

 2016年から出演中の不動産会社のCM。環境の変化に少し不安を持つ女の子が新しい部屋を決め、希望を持って新生活に向かう姿を爽やかに演じている。

【関連記事】

「Fit's」ウェブCM、土屋太鳳のダンスに称賛の嵐!

土屋太鳳、ロッテバレンタインCMが「かわいすぎる!」と大好評

メガネベストドレッサー賞、土屋太鳳のミニ美脚&メガネにファン歓喜

土屋太鳳&平祐奈が公開処刑!?『美脚大賞』受賞に思わず同情!?

■これまでに出演したドラマ・映画作品

 いわゆる「胸キュン系」の恋愛映画にも多数出演しているが、演技力が問われる作品でもしっかりと役を演じきっている。役にかける思いの強さは共演陣にも感心されるほどだという。

●映画『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』(ともに2014)

 時は幕末、伝説の人斬りと恐れられた緋村剣心(佐藤健)は過去を捨て、「不殺(ころさず)の誓い」を立てていた。しかし宿敵・志々雄真実(藤原竜也)が京都を大火に包む計画を実行しようとしていると知った剣心は、周りの反対を押し切り志々雄との激闘に臨む。男勝りで感情豊か、かつワガママな一面も持つ少女、巻町操役を演じたのが土屋太鳳。

●ドラマ『花子とアン』(2014・NHK)

 NHK連続テレビ小説第90作。このドラマに出演中に『まれ』のヒロインとして発表された。『赤毛のアン』の日本語翻訳者である村岡花子の半生を原案としたフィクション作品、原案は村岡恵理(花子の孫)が書いた『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』をもとにしている。随所に『赤毛のアン』を彷彿とさせる場面が散りばめられている。土屋の役どころはヒロインの妹である安東もも。

【関連記事】

有村架純に土屋太鳳、女優の登竜門“NHK朝ドラオーディション”のウラ事情

●ドラマ『まれ』(2015・NHK)

 NHK連続テレビ小説第92作。2020人のオーディションを勝ち抜いて主役の座を射止め、土屋太鳳の知名度を一気に上げた作品となった。活発なイメージを持つヒロインの役作りのため、トレードマークであるロングヘアを40センチカットしたことからも相当な意気込みが感じられる。物語は石川県能登地方に家族と移住し育ったヒロイン、津村希(土屋太鳳)がパティシエを目指して成長していくという内容。

●映画『orange』(2015)

 土屋太鳳演じる高宮菜穂は高校2年の始業式の日、差出人が自分の名前になっている手紙を受け取る。同級生が自殺してしまったことを後悔し続ける10年後の自分から届いた手紙をもとに、自分や未来を変えようと行動する姿を描くSF青春ラブストーリー。『まれ』で共演した山崎賢人と立て続けに再び共演した。

【関連記事】

土屋太鳳『orange』ロケ地で作品愛を語り、原作ファン歓喜!

●映画『青空エール』(2016)

 別冊マーガレットに連載された漫画が原作。土屋は吹奏楽部の名門である白翔高校に入学し、トランペットを始める小野つばさ役を好演。つばさはクラスメイトの野球部員、山田大介(竹内涼真)とお互い夢に向かって励まし合う仲だったが、自分の夢を信じて決して弱音をはかない大介に恋愛感情を抱いていることに気づく……。

【関連記事】

土屋太鳳は「芸能界イチのいい子」? 純粋すぎる姿にファンが感動!

●映画『PとJK』(2017)

予告編

 土屋太鳳扮する高校1年生の歌子は、ある日友達の姉が企画した合コンに年齢と身分を偽って参加する。そこで出会った警察官の佐賀野功太(亀梨和也)といい雰囲気になるのだが、歌子が高校生だと分かった途端、仕事柄未成年との交際はタブーであるため冷たくあしらう。それでも諦めきれない歌子は積極的にアタックし思いは通じるが、交際ができない二人は結婚することになる。

【関連記事】

『8年越しの花嫁』土屋太鳳「佐藤健への尊敬と感謝」を告白

土屋太鳳&佐藤健主演映画『8年越しの花嫁』、予告編で早くも号泣する人が続出!?

芳根京子より土屋太鳳が美人? 映画『累-かさね-』の配役が物議

『下町ロケット』でも好演!! 土屋太鳳の「不思議ちゃん」伝説

■まとめ

NHK連続テレビ小説には3作も出演し、映画やCMに引っ張りだこの土屋太鳳。日本を代表する若手女優の1人だ。今後の活躍から、ますます目が離せない!

本日の新着記事を読む