中居正広、大好評の「行列MC」SMAP自虐ネタも自在

 3月25日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に、中居正広(45)が出演。SMAP解散に関する自虐ネタを連発して、視聴者を驚かせた。

 同番組初出演となる中居は、この日のMCを担当。中居のサプライズ登場に出演者や観客が騒然となる中、いきなり中居はウエンツ瑛士(32)の衣装が、自分とかぶっていることをイジった。

 その後、東野幸治(50)が「(中居が)『ワイドナショー』(フジテレビ系)にも出てくれたんですけど、なんか“ある日”を境に来なくなったのよ」と語ると、中居は大げさに時計を見るしぐさをしながら「あの日だ!」と絶叫。グループ解散の日を思わせるくだりで笑いをとった。

 さらに中居は、「僕最近ね、ピンで活動させてもらってるんですよ」と、SMAP解散を自虐しながら、自ら「ピン」と書かれた扇子を取り出してアピール。それを見た東野は、「今、そんな芸風なん?」と中居にツッコんだ。

 そして中居にまつわる噂を検証するコーナーでは、中居が「自宅に友人を一度も入れたことがない」という話題に。ウエンツは、「WaT」というユニットを組んでいた小池徹平(32)と「ずっと2人で泊まったりしてました」「3日間泊まる」と語り、仲の良さをアピール。続けて「グループって、でもそういうもんですよね」と話すと、それを聞いた中居は黙りこみ、おもむろに「ピン」と書かれた扇子をあおぎ始めて、またもスタジオの笑いを誘った。

 SMAP解散をネタにしたり、他の出演者にイジられたりする中居のMCぶりを、視聴者は絶賛。放送後、ネットには「中居君のMC、安定感がすごい」「SMAP解散から大変だっただろうに……。中居君すごすぎる」「なんか吹っ切れてるみたいで安心。やっぱり司会は天才的だね」と中居のMC力をべた褒めするコメントが続出。「今までの行列で一番面白かった。ずっと行列の司会やってほしい」という声まで上がっていた。

「実は中居は、前からたびたび“SMAP解散”をネタにしています。まだ解散前だった2016年9月放送の『中居正広の身になる図書館』(テレビ朝日系)では、“この時期に俺がこれだけしゃべってると、あいつすげぇ能天気だなと思われる”と発言。同時期放送の『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)では、“タイムリーな時期にこの番組はキツイ”“あなたが一番キツイ”と笑福亭鶴瓶(66)にツッコんでいました。ネガティブな話題をしっかり笑いに変えるあたりは、さすがですよね」(芸能誌ライター)――だいぶ吹っ切れた!?

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:コンフィデンスマンJP