AKB48横山結衣、プロ大絶賛「ダンスの実力」披露

 3月27日放送の『AKBINGO!』(日本テレビ系)で行われたダンスバトルで、AKB48Team8の横山結衣(17)のダンスがプロの振付師たちから絶賛された。

 この日の放送では、AKBグループの精鋭メンバーによる、ダンスバトルが開催された。課題曲は昭和アイドルの曲を使用し、審査員にはバブリーダンスで有名な大阪府立登美丘高校ダンス部コーチでダンサーのakane。世界大会で優勝経験を持つストリートダンサーで、RADIO FISHのメンバーでもあるFISHBOY(32)。欅坂46などの振付をしている振付師のTAKAHIRO(36)という豪華な三人が、審査員を担当した。

 トップバッターにはHKT48から本村碧唯(20)と熊澤世莉奈(20)が、中村明菜(52)の『DESIRE-情熱-』に合わせ、ダンスパフォーマンスを披露。審査員のFISHBOYは、本村が見てほしいと言っていた動きを合わせる部分がズレていたと辛口の指摘をしたものの、「他のチームにプレッシャー与えるっていう意味では、トップバッターの役割を果たしています」と、そのダンスを称賛をしていた。

 次にAKB48の藤田奈那(21)と湯本亜美(20)、市川愛美(18)の三人が登場。小泉今日子(52)の『学園天国』で踊り、TAKAHIROから「全体的に平均点が高い」と評価されたが、惜しくもHKTチームに及ばず、敗退となった。

 続いて登場したのが、Team8の横山、中野郁海(17)、山田菜々美(19)の三人で、故本田美奈子.さんの『1986年のマリリン』でダンスを見せた。踊る前にMCを務めるウーマンラッシュアワーの村本大輔(37)が、緊張で顔がこわばっている三人に「大丈夫? 音楽とかかかったら顔を急に柔らかくできるの?」と聞くと、三人は「頑張ります」と答えつつも、緊張している様子がはっきり分かった。

 しかし三人は、緊張していたとは思えない、ダイナミックなダンスを披露。村本はパフォーマンスが終わると「すっげすっげ!」叫び、「横山さんはそうやけどさぁ、セクシーな! 年齢とか関係のないアイドルがいる! みたいな!」と、興奮まじりに絶賛。中川パラダイス(36)も「フェロモンが出ていた!」と、そのダンスを褒め称えた。

 審査員のakaneも、「始めの瞬間から、心持っていかれました」とコメントし、FISHBOYも「素晴らしいですね、この作品は。とっても良いですね」と絶賛。TAKAHIROはイントロでの動きが早かったことや、何か所か音に対して動きが弱い部分があるなどと指摘。村上が「今回(コメントが)厳しくないですか?」と聞くと、これにFISHBOYが「欲張ってますよね、たぶん。(横山の)可能性が見えているから、逆に育てたくなっちゃってる」と厳しいコメントの理由を代弁すると、TAKAHIROは力強い眼差しでメンバーを見つめていた。

 判定の結果、Team8が暫定チャンピオンのHKT48に勝利した。ダンスバトルは翌週に後半が放送されるが、彼女たちがチャンピオンの座を守ることができるか注目だ。

「横山結衣は、2016年に同番組で開催されたダンス企画でも優勝しており、そのキレの良さはファンの間では有名です。横山というとAKB48の横山由依(25)を思い浮かべる人が多いと思いますが、こちらの横山結衣も要注目ですよ」(アイドル誌ライター)――ちなみに青森県出身。

本日の新着記事を読む