菅田将暉、「平成の火野正平」の称号を襲名!?

 マルチな活躍を見せる俳優、菅田将暉(25)をご存じだろうか。お父サン世代にはピンと来ないかもしれないが、昨年のNHK大河『おんな城主直虎』で、井伊直政の役を務めあげたイケメン俳優である。「2009年に仮面ライダーで主演デビューして以来、順風満帆で、今ではオファーが殺到する状況です。シリアスな役から、『au』のCMの“鬼ちゃん”に代表されるコミカルな役までこなせる実力派。今年は『あゝ、荒野』で、日本アカデミー賞主演男優賞を受賞しました。一方で、3月21日にはデビューアルバムを発売。歌手の才能も見せる多才さです」(スポーツ紙記者)

■二階堂ふみや本田翼、菜々緒とも浮き名

 腹立たしい(?)ことに、流した浮き名も数多い。「過去には、二階堂ふみ、小松菜奈広瀬アリスなど名だたる女優の名が挙がっていますが、大きく報じられたのは、本田翼(25)と菜々緒(29)の2人。いずれも、抜群のプロポーションと端正な顔立ちを武器に、女優もモデルもこなす美女。羨ましい限りですよ」(前同)

 昨年4月に一部夕刊紙で報じられた本田とは、ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)で共演。一方、今年2月に女性セブンで報じられた菜々緒とは、前述したNHK大河や『au』のCMの他、映画『銀魂』でも共演を果たした仲である。芸能記者は、「菅田は、芸能界の“共演者キラー”として最近、よく名前を聞く存在ですね。人気アイドルのIとTと並び、“若手3トップ”ともっぱらです」と、声を潜めて説明。さらに続けて、「少し前に、関係を持った一般の女性が、事務所に連絡してきたそうなんです。本人に問いただしたら、“向こうから望んできたんだし、それくらい……”と至ってクールだったとか。モテるだけに、女性関係は意外と淡白で、だからこそ、多くの関係を持ってしまうんでしょう」

 そんな菅田には、“共演者キラー”とは別の称号がささやかれている。「それは、“平成の火野正平”です。数多いるプレイボーイの中でも、火野さんの女性遍歴の華麗さはズバ抜けていますから」(芸能プロ関係者)

 男にとって、最上級の呼び名だが、「最も売れている俳優だけに、彼が出演する作品は多く、女優側の事務所も、共演NGにしたくてもできない。共演者キラーの彼が、今後もさらなる浮き名を流すのは必然ですよ」(前同)

“平成の火野正平”の華麗な動きに注目だ。

本日の新着記事を読む

日刊大衆TOPへ戻る