佐藤仁美「有吉さんが好きです!」有吉弘行をロックオン!?

 3月30日放送の『ぴったんこカン★カン』(TBS系)に女優の佐藤仁美(38)が出演し、梅沢富美男(67)、高田純次(71)、石原良純(56)の“ちょい不良オヤジ”たちを相手に恋愛トークを繰り広げた。

 今回、佐藤は梅沢の指名で登場し、四人は焼肉屋でトーク。梅沢と佐藤は1999年〜2000年放送のNHK連続テレビ小説『あすか』で親子役として共演していた。

 高田は佐藤に「もともとベースは良さそうですもんね、顔」とひと言。「ベース……?」と不満そうな佐藤をよそに、梅沢も「ベースは最高だったのよ」と同調。そんな二人に石原が苦笑しながら「失礼じゃないですか」とツッコミを入れた。

 高田はさらに「本当は、基本はすごいかわいくてきれいじゃない? なんでわざわざそんなふうに落としてるの?」とズケズケ。佐藤は「え? 落ちてるつもりはないんですけど」と返すと、梅沢も「だってさ、みんなから見ると酒飲みでけっこう乱暴で口が悪い」と言いたい放題。さらに梅沢は「18年前の仁美ちゃんを見てみてごらんなさいよ」と高田と石原に若い頃の写真を見せると、高田は「嘘だろ、これ!」と驚愕。石原も「深キョンに似てる感じですね」とその美貌に驚いていた。

 そんなおじさん三人は、佐藤の恋愛事情について質問。佐藤は、現在彼氏がいないといい、出会いについて聞かれると「ずっと飲んでますからね」と返答。「だいたい8〜9時間。元気だと15〜16時間」と語り、プライベートの遊びはずっと酒を飲むことだと明かし、相手の男性も酒飲みがいいものの「いいなと思ってても、潰れて先帰っちゃうんですよね」と、酒豪ならではの悩みを語った。

 さらに好きな男性のタイプの話になると、佐藤は「私、けっこうキャパが広くて、身長も実はそんなに関係なかったり。年齢もそんなに関係なかったですね。一回り上でも全然いけました」「太ってても痩せてても、どっちでもいい」「健康で真面目であれば」と語り、理想のタイプの男性として「有吉さんが好きです!」と、有吉弘行(43)の名前を挙げた。

 しかし佐藤は「(有吉は)ギャルっぽいのが好きなのかなって」と自分は有吉の好みではないようだ、と残念そうな顔をし、有吉の魅力について「絶対、優しい人なんです。優しい人間が、ああやって毒を言える」と熱弁。「有吉さんに関しては、数年前からテレビで言ってるんですよ。もう、テレビの力しかないと思って」と、有吉に近づくために、数年前から有吉好きをアピールしていると明かした。

「有吉弘行は再ブレイク後、ほとんど浮いた噂はありません。“夏目三久アナ(33)と結婚”という夕刊紙の報道が出たこともありましたが、双方が強く否定し、夕刊紙も謝罪しました。ガールズバーや夜のお店に通っていることは、ラジオなどで公言していますが、特定の女性と交際する気はなさそうです」(芸能誌記者)

 佐藤の切ない片思いが実る可能性はあるのだろうか?

本日の新着記事を読む

日刊大衆TOPへ戻る