『「ぷっ」すま』最終回、テレ朝・大熊アナのブログに感動の嵐!
※画像は『「ぷっ」すま』の番組公式サイトより

 3月30日、『「ぷっ」すま』(テレビ朝日系)の最終回が放送された。放送後、テレビ朝日の大熊英司アナウンサー(54)が、同番組への思いをブログにつづり、多くのファンを感動させたようだ。

 この番組は、元SMAPの草なぎ剛(43)とユースケ・サンタマリア(47)がMCを務め、約20年間放送を続けてきた深夜バラエティ。最終回にもかかわらず、犬好き芸能人を集めて愛犬自慢をする新企画を放送するという、『「ぷっ」すま』らしいゆるい展開で、ラストを迎えた。

 最終回の放送終了後、同番組にレギュラー出演してきた大熊アナが、「ありがとうございました。」というタイトルでブログを更新。「先ほどかな…『ぷっ』すまの放送が全て終わりました」と、番組が終わったことをあらためて報告した。

 そして大熊アナは、最終回の収録について触れ、「普段となにも変わりません。収録のスタートが、予定よりちょっとだけ遅れたのも、いつもと一緒でした」と、いつもどおりの雰囲気の収録だったことをつづり、収録後にちょっとしたパーティが開かれ、200人以上の関係者が集まったことも明かした。

 そのブログの最後は、「改めて、『ぷっ』すまという番組にかかわれたことに感謝です。そして、私の誇りです」「またどこかで、草なぎさん、ユースケさん、いや“なぎスケ”と一緒に仕事ができるんじゃないか。またどこかで、このスタッフ達と一緒に仕事ができるんじゃないか。そう思い続けていようと思います」と締めくくった。

 そんな大熊アナの心境をつづったブログは、番組ファンの胸を打ったようだ。ネットには「ブログから『ぷっ』すま愛があふれていて感動」「大熊さんのブログ見て泣いちゃいました」「大熊さんの番組に対する愛が見られる、ステキなブログ」「長年一緒にやっていたから書ける、心のこもった文章」といった、大熊アナのメッセージを称賛するコメントが多数上がっていた。

「大熊アナのブログ“熊の助日記”は、2006年11月に『ぷっすま』の公式サイトがリニューアルするときからスタートしました。それ以降、毎週のように番組の裏話を長文でつづっており、律儀な大熊アナの性格、そして番組に対する愛情を感じられるステキなブログでしたね」(テレビ誌ライター)――“なぎスケ”と大熊アナの共演が見られる日を楽しみに待ちたい。

※画像は『「ぷっ」すま』の番組公式サイトより

本日の新着記事を読む

日刊大衆TOPへ戻る