月曜から夜ふかし、ひふみん&桐谷さんの対談に大爆笑!

 3月31日に『月曜から夜ふかし 日本の大大大問題!!!春の全国一斉調査スペシャル』(日本テレビ系)が放送された。“桐谷さん”こと元プロ棋士で個人投資家の桐谷広人氏(68)が久しぶりに登場し、“ひふみん”こと元プロ棋士の加藤一二三氏(78)と夢の対談が実現して話題になっている。

 今回のスペシャル放送では“全国ご当地問題”や“フェフ姉さん涙の告白”などの企画とともに、半年ぶりとなる“桐谷さんに密着”企画も放送された。

 番組の中で、スタッフは「会ってほしい方がいる」と、桐谷氏と加藤氏を対面させた。桐谷氏は現役時代に加藤氏と2度の対戦経験があり、加藤氏は桐谷氏の棋士時代を知る貴重な証人ということで呼ばれたという。

 ところが二人は将棋の話など特にすることなく、芸能活動についてトーク。桐谷氏は、加藤氏に「事務所に入っていると、事務所が仕事紹介してくれるんですか?」「いろんな事務所が入らないかって言ってくるんですけど、事務所に入ると事務所が仕事持ってくるんでね、私、もうこれ以上仕事したくないんで」と質問する。これに加藤は「そもそも仕事がずっとある限りは事務所に入らないで、そろそろ仕事が尽きてきたというときに事務所に入ったら、事務所が紹介してくれますから。そういうのが賢明じゃないかしら」とアドバイスした。

 また、撮影の前日まで5日連続で講演会をしており、株や映画についての評論の仕事もしているという桐谷に対して、加藤は「はっきり言って、第三者から見るといい身分ですよね」と率直なコメント。VTRを見ていたマツコ・デラックス(45)と関ジャニ∞の村上信五(36)は、そんな二人の対談に大笑いしていた。

 放送を見た視聴者からは「将棋のこと全然話さない二人がウケる」「事務所の話題で盛り上がるなんて予想外!」「すごいコンビが誕生してしまった」「“いい身分ですね”で腹筋崩壊した」「この二人の対談は混ぜるな危険だった」など、ネットで反響が上がっていた。

藤井聡太六段(15)の快進撃で、将棋界に注目が集まっていますが、棋士にはキャラクターの濃い人がそろっています。まだまだスターが出てくるかもしれないですね」(芸能誌記者)

 桐谷氏と加藤氏の再対面はあるのだろうか。今後も二人の活躍に注目だ。
 

本日の新着記事を読む

日刊大衆TOPへ戻る