堂本剛「中居くんよりうまく歌える」中居正広の“心配”に笑顔の返し

 4月7日放送の『CDTV祝25周年SP』(TBS系)に、KinKi Kidsの堂本光一(39)と堂本剛(38)が出演。番組MCの中居正広(45)から、かつてのグループ名をイジられる場面が見られた。

 この日の番組には、KinKi Kidsの二人が登場し、歌を披露する前に、中居とトークを繰り広げた。まず、デビュー前にSMAPのバックダンサーを務めるなど、中居とのつきあいが古い光一と剛に、TBSの江藤愛アナウンサー(32)が「デビュー前から中居さんにお世話になっているということなんですね?」と質問すると、二人はそれを認め、中居に感謝の気持ちを伝えた。

 それが照れくさかったのか「何かありましたっけ?」とトボける中居に、光一が「たくさんありすぎて。それこそ、(現在の)グループの名前がつく前から(のつきあい)ですから」と語りかけたところ、中居は「KinKi Kidsの前ですね? KinKi Kidsの前、なんていうグループだったんですか?」と二人に意地悪な質問をぶつけた。

 すると剛は「あんまり言いたくないんですけど、KANZAI BOYA(カンサイボーヤ)です」と、恥ずかしそうに返答。それを聞いた中居が「なんで、KinKi Kidsに変えちゃったんですか? カンサイボーヤのほうがずっと坊やでいれるんだよ」とニヤけると、光一は「思ってないでしょ!」と、すかさず中居にツッコんで、スタジオの笑いを誘った。続けて、光一から「あのとき(光一と剛にカンサイボーヤのグループ名がつけられたとき)は“SMAPで良かった”と思ってたでしょ? 名前」と問われた中居は「それはそうでしょ。カンサイボーヤ? SMAPボーヤ? 冗談じゃないよ」と苦笑いを浮かべた。

 その後中居は、昨年6月に左耳の突発性難聴を発症し、この日もヘッドホンをつけていた剛に、「耳、大丈夫なの?」と質問。それに対し、剛は「たいして調子は戻ってないですけど、歌いますよ。中居くんよりはうまく歌えますね」と、先ほどのお返しとばかりにイジり返したが、中居は「俺は調子いいのに歌わないっていうね」と応じ、余裕の表情を浮かべていた。

「KinKi Kidsと中居が軽妙なトークを展開していたのが印象的でした。光一や剛にとって、デビュー前から間近で見てきた中居は“お兄ちゃん”のような存在だといいますが、そんな関係だからこそ、まるで兄弟のようにイジり合えるのかもしれませんね」(芸能誌記者)――また三人の共演を見てみたい!

本日の新着記事を読む