橋本マナミ
橋本マナミ

 4月8日放送の『女が女に怒る夜』(日本テレビ系)に、タレントの橋本マナミ(33)が出演し、番組MCを務めるくりぃむしちゅー上田晋也(47)らの前で、自身が嫌いなタイプの女性について語った。

 この日、橋本はタレントのMEGUMI(36)、オアシズ大久保佳代子(46)らと一緒に、それぞれが思う“嫌いな女性”についてトークを展開。その中で、橋本は「いい年して“こんなの初めて”と言う女」が苦手だと明かすと、その理由について説明を始めた。

 橋本によると、“モテる女のマニュアル”の中に、「こんなの初めて」と男性に伝えるとモテると書いてあるそうだが、それを真に受けて男性と食事をした際に「そんなの知らなかった〜」「教えてくださ〜い」と甘える女性がいるという。橋本が「まだ20代だったら分かります。35歳ぐらいの、けっこういい年した方がやってると、ホント“黙れ!”と思う。全然、モテない」と嫌悪感をあらわにすると、MEGUMIも「“おまえ、知ってんだろ?”ってね」と深くうなずきながら、橋本の意見に同意した。

 それについて、上田がゲスト出演していた俳優の塚本高史(35)に、「男性側からすると、うれしいでしょ?」と聞くと、塚本は「うれしいです。そんな30何年生きてきた人の初めての体験の場所に出くわしたっていう」と率直な思いを披露。だが、それを聞いた大久保や橋本が「ウソですよ、たいがい」「ウソ、ウソ、ウソ!」とすかさずツッコむと、その勢いに塚本は「ウソなんすか!?」と驚きの声を上げていた。

「この日の橋本は“(彼氏は)3年いないんです。でも、やることやってます”と告白するなど、いつになくぶっちゃけトークを披露していました。大久保やいとうあさこ(47)などの毒舌にも負けていなかったのが、印象的でした」(芸能誌記者)――女性ファンも急増!?

本日の新着記事を読む

日刊大衆TOPへ戻る