Kis-My-Ft2千賀健永が考案の「胸キュンキス場面」、キモすぎて大爆笑!?

 4月12日放送の『キスマイ超BUSAIKU!?』(フジテレビ系)で、Kis-My-Ft2の千賀健永(27)が、視聴者をドン引きさせたようだ。

 この番組では、キスマイのメンバーが、それぞれ理想とする“胸キュン”シチュエーションを発表。今回は、千賀の他に、北山宏光(32)、藤ヶ谷太輔(30)、宮田俊哉(29)、玉森裕太(28)の5人が、「店員の目を盗んで不意打ちキス」というテーマで順位を競った。

 千賀が披露したシチュエーションは、オシャレなバーで彼女とデート中という設定。彼女が「ちょっとお手洗い行ってきてもいい?」と席を立つと、なぜか千賀はトイレまで彼女をエスコートする。

 彼女をトイレに案内した後も、千賀は席に戻ろうとせず、女子トイレの前で彼女が出てくるのを待つ。そして彼女がトイレから出てくると、いきなり千賀は「ねぇ、キスしない?」と壁ドン。そのままトイレの前でキスをするという、かなり強引なシチュエーションだった。

 その千賀のVTRを審査した一般女性からは、「ストーカーかよ!」「変態っぽい」「マジ勘違いバカ」といった厳しいコメントが続出。もちろん千賀のシチュエーションが、5人中最下位の評価となった。

 そんな千賀のキスシチュエーションに、視聴者もドン引き。ネットには「トイレ直後にキスは勘弁してほしい」「千賀くんのシチュエーションがキモすぎ」「相変わらずヤバくて、笑いすぎた」「千賀の壁ドンキスが、キモくて腹筋崩壊」「2018年に壁ドンってすでに古臭いよ!」といったツッコミのコメントが多数上がっていた。

「今回、千賀健永が披露したキスシチュエーションには、番組の出演者からもブーイングが上がっていました。ゲストの新川優愛(24)は、“なんか全部無視”と、千賀が今回のテーマをまったく無視していたことを指摘。しかし、藤ヶ谷だけは“2018年、いきなりの壁ドンいいね!”と、なぜかトイレ前での壁ドンキスを称賛していましたね」(芸能誌ライター)――笑いの破壊力だけは十分!?

あわせて読む:
・Kis-My-Ft2宮田俊哉が披露「アニオタの妄想劇」にドン引き!?