サザエさん、波平よりカツオに厳しいのは「視聴者のツッコミ」だった!?

 4月15日放送のアニメ『サザエさん』(フジテレビ系)で、カツオが大学生になったときの夢を告白した。

 この日放送された「夢の新幹線通学」というエピソードでのこと。マスオの会社に、熱海の自宅から東京の会社まで、新幹線で通勤している社員がいることを聞き、カツオは「いいなー、毎日新幹線に乗れるなんて」とうらやむ。

 翌日、カツオが学校で「僕も大人になったらしてみたいよ、新幹線通勤」と話していると、クラスメイトの中島くんは「僕は大学生になったら新幹線通学をするつもりだよ」と発言。中島くんは東京の自宅から、おじいちゃんの後輩がいる静岡の大学まで、新幹線で通う予定だと明かす。

 中島くんの話を聞いてうらやましくなったカツオは、自分も大学生になったら静岡の大学に通いたいと言い出す。しかし、波平から「大学のことを考える前に、もっと勉強せんとなぁ。今の学力では高校もおぼつかないぞ」と注意されてしまう。

 その後、静岡に住む親戚のおじさんから、カツオが静岡の大学に行くのなら、自分の家に下宿すれば良いと勧められ、カツオが憧れる“新幹線通学”の実現は厳しい状況に。

 しかし、そんなカツオに花沢さんのお父さんは「新幹線は東海道だけじゃない」と助言。カツオは新幹線で1時間以内に行くことができる「宇都宮か高崎の大学に行きたい」と言い出し、「バカモノ、新幹線通学をしたいためだけに大学を選ぶやつがどこにいる!」と波平をあきれさせる。

 カツオの“夢”はかなわなそうだが、これに視聴者からは思わぬ反応が。ネットには「でもカツオは永遠に小学生のままなんだけどな」「大学生どころか、中学生にすらなれません」「今年の4月に、何十回目かわからない小学5年生の新学期を迎えたカツオさんがなんか言ってる……」など、アニメキャラのカツオがずっと年を取らないことに言及するツッコミコメントが続出。波平よりも、視聴者が一番カツオに厳しい?

あわせて読む:
・サザエさん、サザエと波平の「デリカシーのない行動」に非難殺到