阿部桃子「高級寿司にケチャップ」で、職人も絶句!

 4月16日に放送された『名医のTHE太鼓判!』(TBS系)に2017年ミス・ユニバース世界大会で、ナショナル・コスチューム部門最優秀賞を獲得したモデルでタレントの阿部桃子(23)が出演。その驚きの食生活が明らかとなり、視聴者をあ然とさせた。

 この日の放送では肌に悩みがある芸能人に密着し、原因などを調査。ゲストで出演していた阿部の肌は、一見なんの問題もなさそうだが、検査をしたところ、肌には赤く炎症している部分が見つかった。そこで番組では、阿部に1日密着して原因を探ることに。

 密着したVTRで、阿部はスタッフとともに夕食を食べに高級寿司店に入店。カウンターに座った阿部は、寿司職人からイカを薦められた。

 寿司職人が調理している風景を見て、阿部は「おいしそう!」とコメント。そしてイカを食べようとした阿部は「悪いかな」と周りを見渡し、おもむろにテーブルの下からケチャップを取り出す。寿司職人に「(イカに)ケチャップかけていいですか?」と尋ねると、寿司職人は「ケチャップ?」と驚きの表情を浮かべながらも、しぶしぶ了承していた。

 阿部はケチャップをかけておいしそうにイカをほおばり、さらに、今度はあぶった大トロにもケチャップをかけ「これは合いますね!」と喜んでいたが、周りの客は、阿部に冷たい目線を向けていた。それを見ていた寿司職人も「明日からケチャップ禁止って貼っておく」と苦笑いしていた。

 これには視聴者から「出禁待ったなしだな」「お店が精魂込めて作ったのに」「大将に気を遣わせるなよ」「お店にも大将にも失礼」「味覚おかしいんじゃね?」などと、ネットに批判が殺到した。

「阿部のような偏食の芸能人は意外と多いです。17年10月16日放送の同番組で元AKB48の永尾まりや(24)も偏食が明らかに。永尾は焼肉屋に入ると、牛肉の脂身を注文。約100gの脂身を15分ほどで平らげ、視聴者を驚かせていました。また、17年7月28日に放送された『沸騰ワード10』(日本テレビ系)で、女優の伊藤沙莉(23)が大のタバスコ好きを公言。焼き魚や漬物、さらにはご飯にまで大量のタバスコをかけ、おいしそうに食べていました」(芸能誌記者)

 食べ物の好き嫌いは個人の自由だが、飲食店では他人へ配慮をするべきかも!?

あわせて読む:
・ミス・ユニバース阿部桃子が、嫉妬する2世タレントとは?