滝沢秀明が制作“和モダン家具”のクオリティに衝撃「普通に売ってほしい!」

 4月23日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)で、滝沢秀明(36)がオリジナルの家具制作に挑戦。制作した家具のクオリティの高さが、視聴者を驚かせたようだ。

 この日の番組では、タレントのヒロミ(53)が、新婚芸人夫婦の新居を“和モダン”のテーマでリフォームする「ヒロミ、新婚夫婦の家を作る。」の企画を放送。今回はウォークインクローゼットのリフォームが行われた。

 この中で、棟梁役のヒロミは、弟子の滝沢にメイク道具などを入れる収納棚を作る課題を出した。ヒロミから“和モダン”というテーマを念押しされた滝沢は、「“和”ってディテールが大事」「ごまかしが効かないイメージがある」と悩みながら、制作をスタート。

 滝沢はプロが使用する工具をそつなく扱い、ベースとなるパイン材からアクリル板まで、器用にカット。そのうえ、使いやすさを考慮した滝沢のアイデアを随所に取り入れ、下部にキャスターを取りつけた、移動ワゴン式の収納棚を完成させた。

 スタッフから出来栄えについて聞かれた滝沢は、「(ヒロミに見せたら)“まだまだだな”って言われそうですね」と自信なさげにコメント。しかし、滝沢の収納棚を見たヒロミは、「へ~、俺が家具屋さんに頼んでるやつと同じような感じ」と笑顔。滝沢が点数を尋ねると「90点くらいいくんじゃない?」と、いつも辛口のヒロミとは思えない高得点が飛び出し、滝沢は大声を上げて喜んでいた。

 そんな滝沢が作ったオリジナル家具の完成度には、視聴者も驚嘆したようだ。ネットには「タッキーが作ったメイク道具ワゴン欲しい」「メイク道具収納ワゴン、普通に売ってほしいんですが!」「ヒロミさんのリフォームコーナー、タッキーがさらに腕を上げててビックリ!」「何でもできちゃうんだもん、この人に惚れないほうが無理だわ」といった、滝沢の“腕”をたたえるコメントが多数上がっていた。

「今回、手作り家具で絶賛を集めた滝沢秀明ですが、最近では『クレイジージャーニー』(TBS系)で火山探検家としての一面も披露し、視聴者を驚かせています。さらに今年2月、イギリスの科学誌『サイエンティフィック・リポーツ』に掲載された、鹿児島県沖の海底火山“鬼界カルデラ”に関する論文の著者17人の中に、なんと滝沢の名前が入っていることが分かりました」(芸能誌ライター)――アイドルの域をはるかに超越!?

あわせて読む:
・滝沢秀明、灼熱の溶岩湖探検は自分への「ごほうび」