鈴木亜美の異常な激辛耐性に視聴者もア然、“死神ふりかけ”に笑顔

 9月3日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)に、歌手の鈴木亜美(36)が出演。激辛料理を驚異的な早さで完食し、ファンを心配させた。

 この日、鈴木亜美は“超激辛チャレンジグルメ”のコーナーに登場。お笑い芸人のあばれる君(31)やHOUND DOGの大友康平(62)、女優の高橋ひかる(16)らとともに秋葉原のレストラン「タパスブランコ」で激辛料理に挑戦した。

 チャレンジ前のトークで、高橋ひかるが韓国料理店の多い新大久保へ週3回のペースで激辛料理を食べに行っていることを明かすと、鈴木亜美は「今夜(のロケ)は激辛だと思ったら、昼間からヨダレが止まらなくて」と激辛好きをアピール。高橋へのライバル心をむき出しにした。

 今回、4人が食べる“超爆辛レッドパエリア”は、鷹の爪40本や激辛アヒージョオイル、ブート・ジョロキア、カイエンペッパー、ハバネロパウダーなどの調味料がふんだんに投入された超激辛料理。目の前にパエリアが運ばれるなり、額から滝のように汗を流し始めたあばれる君は「俺、食べてないのに、この汗」と激辛料理の威力におじけづいた。

 さっそく4人が制限時間20分以内での完食を目指し、激辛料理にチャレンジすると、先陣を切って料理をひと口食べたあばれる君はあまりの辛さからくる唇の痛みに「いってえ!」と絶叫。続いて、料理を口にした大友康平や高橋ひかるも「なんだかもう、唇がビリビリ」「えげつないです」と、しょっぱなからノックアウト寸前になっていた。

 そんな3人とは対照的に、鈴木亜美は料理を一気に口に運ぶと「おいしい〜!」とまさかの笑顔。さらに、「お米にしっかり味が染み込んでいて」と食リポする鈴木に対し、あばれる君は「食リポしてるよ!」と驚いていた。その後、さらなる辛さを求めた鈴木は、ギネス世界記録の辛さに認定されたキャロライナ・リーパーを乾燥させ、粉末にした調味料「死神」を料理へ大量に振りかける始末。

 それを見た高橋ひかるから「おいしくなりました?」と質問された鈴木亜美は「めちゃくちゃ、おいしくなった!」と答えると、猛烈な勢いで料理を食べ進め、16分43秒というダントツの早さで見事に完食。鈴木に遅れて、高橋やあばれる君も完食したが、大友康平はギブアップという結果だった。

 今回を含め、“超激辛チャレンジグルメ”を6戦連勝した鈴木亜美に対し、ネット上では「アミーゴの胃はどうなっとるん!?」「鈴木亜美の味覚って正常なのかな?」などといった鈴木の体を心配する声がファンから相次いでいた。

「鈴木亜美はメインのインスタグラムとは別に、わざわざ激辛料理だけを紹介する専用のインスタグラムまで立ち上げるほどの激辛好きで知られています。激辛料理を食べ続ける鈴木の姿を見て、心配になってしまうファンがいるのは当然ですが、鈴木本人からしてみれば、今回の激辛料理はまだ序の口なのかもしれませんね」(芸能誌記者)――激辛料理へのチャレンジはまだまだ続く!?

あわせて読む:
・鈴木亜美「味噌汁に一味唐辛子1本」で、ファンがドン引き!?
・椎名林檎に安室奈美恵も! 大活躍する「実はシングルマザー」芸能人
・小倉優子の“誰でもすぐ電話番号交換”する無警戒ぶりを、ギャル曽根が警告