林遣都
林遣都

 ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で、先輩の男性社員に恋心を抱く若手社員の役柄を見事に演じ、ブレイクしたイケメン俳優の林遣都。そんな林は2018年10月期放送のドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)で若手弁護士役を熱演。その頼りないキャラがカワイイと女性を中心に再び注目を集め、見事にブレイクした。そこで、今年の顔ともいえる林に関するエピソードやセリフを、クイズにしちゃいました。答えは記事の最後にあるので、お楽しみに!

■【問1】
2018年10月11日放送の『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第1話で、京極法律事務所の管理人を務める小鳥遊翔子(米倉涼子)からスカウトされた若手弁護士の青島圭太(林遣都)は、同事務所で働き始める。だが、極度のあがり症で頼りない青島は小鳥遊からある愛称で呼ばれてしまう。その呼び名とは?

■【問2】
 18年11月15日放送の『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第5話で、小鳥遊は事件の調査だと告げないまま、青島をホテルに誘った。「どうしても行くんですか?」と動揺する青島に対し、小鳥遊が「嫌なの?」と聞くと、青島は「なんていうか、〇〇がないもので……」とつぶやいた。「〇〇」に入る言葉は?

■【問3】
『おっさんずラブ』で共演した田中圭(34)は、18年11月4日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)で、林遣都とのキスシーンについて語っていた。女性とのキスシーンとの違いについて、田中はなんと言っていた?

■【問1】の答えは、「ポチ」。実直さを買われて小鳥遊にスカウトされた青島。しかし駆け引きに弱く裁判では敗訴が続いたため、そんな頼りなさゆえに青島は小鳥遊から「ポチ」と呼ばれるハメになったのだが、ファンからは「本当に遣都くんがワンコに見えてきた!」と好評だった。詳しくはコチラhttps://taishu.jp/articles/-/61509
■【問2】の答えは、「経験」。事件の調査のためにホテルへ来たと分かった青島は「最初からそう言ってくださいよ」と憤ったが、小鳥遊は「事件の陰に女あり……そういう発想ないのかなぁ。童貞くん」「経験、ないんでしょ?」とその抗議を一蹴。小鳥遊から“あごクイ”された青島は、タジタジになっていた。詳しくはコチラhttps://taishu.jp/articles/-/62129
■【問3】の答えは、「より集中してました」。田中圭は気持ちを入れてキスをしたと語り、「あ、女性ってこういう感じなんだ」と、女性目線の気持ちになっていたと明かしていた。この発言には両者のファンがキュンキュンしていたようだ。詳しくはコチラhttps://taishu.jp/articles/-/61880

 イケメン俳優として、18年は田中圭に次いでブレイクした林遣都。この勢いなら、19年もさらに多くの女子をキュンキュンさせそうだ。

あわせて読む:
・大人気漫画『きのう何食べた?』実写ドラマ化! 西島秀俊と内野聖陽がカップルに!!
・田中圭『けもなれ』エプロン姿からの衝撃キスに、ファン混乱
・林遣都、竹内涼真、田中圭ほか「イケメン写真集」に女子が熱狂!