深田恭子主演『はじこい』横浜流星&永田崇人のイケメンコンビに注目
※画像はTBS『初めて恋をした日に読む話』番組公式ホームページより

 1月15日にスタートしたドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)で、由利匡平を演じる横浜流星(22)と、その友人役のエンドーを演じる永田崇人(25)が、早くも注目を浴びているようだ。

 このドラマは持田あきによる同名漫画が原作で、受験も就職も恋も失敗した、32歳のアラサー女子、春見順子(深田恭子/36)と、タイプの違う3人のイケメンとのラブコメディ。原作が人気漫画のため、放送前は「キャスティングがちょっと微妙」などと、原作ファンから実写ドラマ化を不安視する意見が見られた。

 しかし放送が始まると、ツイッター上では「原作の良さを頑張って引き出してる」と好評で、その中でも注目を浴びていたのは、“ユリユリ”ことピンク髪のイケメン、由利匡平を演じた横浜流星で、「原作から出てきたのかと思うほどの再現度で素晴らしい! 立ち姿とか話し方とか凄く匡平」などと大絶賛だった。

 横浜流星は本名で、横浜市出身だが生まれて数か月間しか横浜市で過ごしていないという。2014年放送の特撮ドラマ『烈車戦隊トッキュウジャー』(テレビ朝日系)で、トッキュウ4号のヒカリ役を演じたことで人気になり、今年は『愛唄-約束のナクヒト-』に『チア男子!!』など、主演映画が相次いで公開予定だ。

 また、由利匡平の友人役の金髪メガネ、エンドーを演じた永田崇人も、「メガネと派手なパーカーのエンドーって子すごくかわいい! 永田崇人くんって言うんや〜!」と、永田の存在を初めて知ったという声や、「地上波で崇人くん見れるんだ! リアルマイルドヤンキー、チャラいのお似合い」などと、初めての地上波連続ドラマ出演を喜ぶ声が寄せられていた。

 永田は16年からハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』に孤爪研磨役で出演するなど、主に舞台俳優として活躍していた。また、LINELIVEでネット動画を配信しており、1話目の放送直後には、“はじこい1話放送記念!ゆるーく感想お話ししましょう!”と題して配信。ドラマの感想や深田恭子とのエピソードを語り、ファンを喜ばせていた。

 本ドラマの1話目の視聴率は8.6%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)と、残念ながら二桁に届かなかった。しかし、1話目の展開が原作の1巻に近かっため、原作ファンの間では、2話目では順子が酔ってドキドキの展開になると予想されており、深田恭子ファンも目が離せないようだ。

※画像はTBS『初めて恋をした日に読む話』番組公式ホームページより

あわせて読む:
・深田恭子「不動産社長新カレ報道」に不満!? “イケメン喰い道”推奨の声
・中川大志と横浜流星、イケメン2人が一般女性を取り合い!?
・ドラマ・映画の役柄で歌手デビューした“歌ウマ”俳優たち