嵐会見での「アナウンサー失格」報道に、青木源太アナが謝罪
※画像は青木源太アナウンサーのツイッターアカウント『@Aoki_Genta』より

 2月3日、日本テレビの青木源太アナウンサー(35)が自身のツイッターを更新。の活動休止会見での自分の言動について謝罪した。

 この日、青木アナは「私の言動で不快な思いをされた方々、申し訳ありませんでした」「ご批判やお叱りの言葉をしっかりと受け止めたいと思います」と、批判記事を引用しながら謝罪ツイートを投稿していた。

 記事によると、1月27日に行われた嵐の活動休止会見の席で、ある記者が「無責任じゃないのか」と質問したことに対し、青木アナが「無責任という言葉が会見で出ましたが、それはさすがに違うかと。あの場にいてとても悔しくて悔しくて」と発言したことを問題視。

 取材する側にいる青木アナがこうした発言をするのは「報道する側が報道の自由を放棄したと見られても仕方がない」と批判した。

 また、青木アナが会見で泣きながら質問したことについても、中立な立場ではなくなっていると指摘。「アナウンサー失格と言われても当たり前だろう」と厳しい言葉を投げかけた。

 こうした批判記事を受けての青木アナの謝罪ツイートだったが、嵐のファンからは「青木さんのような、人間らしいアナウンサーがいても良いのではないかと思います。青木さんの良さが、この件で失われないことを願っています」「私は青木アナの言葉で救われました。本当にありがとうございます」「私はいつも青木アナのジャニーズ愛、嵐愛に救われてます」「ファンの代わりに代弁してくれてありがとう。あんな笑顔の会見が見られたのは青木さんのおかげ」など、青木アナの姿勢を擁護し、感謝を述べるコメントが殺到した。

 アナウンサーきってのジャニーズ好き、嵐好きで知られる青木アナ。その人間味あふれる報道姿勢は、多くの視聴者から支持されているようだ。

※画像は青木源太アナウンサーのツイッターアカウント『@Aoki_Genta』より

あわせて読む:
・活動休止、嵐に襲いかかる「ベッド写真」大量流出の危機!
・嵐「活動休止」各誌報道!“攻める”『女性セブン』“うすうす”『週刊新潮』の衝撃裏側
・大野智は何位!? 嵐、みんなが選んだ「好きなメンバー」ランキング