キンプリ・岩橋玄樹、パニック障害を乗り越え『24時間テレビ』で本格復帰へ
画像はイメージです

 昨年5月に華々しいデビューを飾ったジャニーズ期待の新グループ『King&Prince(キンプリ)』。昨年末には、デビュー年ながら『NHK紅白歌合戦』に初出場を果たし、早くも“ポスト”の呼び声も高い6人組だ。

 ただ、メンバーの岩橋玄樹(22)は昨年10月26日に、パニック障害の治療に専念するため、11月初旬から休養することを発表。グループ初の『紅白歌合戦』は岩橋を除く5人での出場となった。

「その岩橋が芸能活動を“一部”再開するとジャニーズ事務所が書面で発表したんです。岩橋といえば、アイドル誌『Myojo』(集英社)のアンケート企画『恋人にしたいJr.』で前人未到の5連覇を果たしたほどの人気メンバーです。これでようやく、キンプリも本格再始動できると言えるのではないでしょうか」(アイドル誌記者)

 2月17日、ジャニーズ事務所は「岩橋玄樹に関するお知らせ」として、「この度、King&Princeの3rdシングル『君を待ってる』をもちまして、芸能活動を一部再開させていただきます」と報告。

 “一部”と活動再開の制限を設けたことについては、パニック障害の性質を第一に考慮したこと、また「約3か月間、完全に仕事を離れていたことから、段階を経て、心身の状態と仕事の内容を加味しながら、緩やかに活動を再開させることが最適ではないかとの見解を医師よりいたただきましたため」と説明した。

「3rdシングルでの復帰が決まりましたが、やはり病気が病気だけに徐々に戻していくようです。キンプリのメンバーも病気と闘う彼をサポートしており、メンバー間の関係も良好で、ティアラ(キンプリファンの総称)としてもうれしい限りでしょう。そんな岩橋が本格復帰を果たすのが、今年8月24日から25日に放送予定の『24時間テレビ~愛は地球を救う~』(日本テレビ系)だという話が浮上してきているんです」(女性誌記者)

 女性誌記者の説明では「“一部”再開となったのはタレントに無理をさせないスタイルを目指す、ジャニーズ・アイランド社長に就任した滝沢秀明(36)による配慮」だという。さらに制作会社関係者は、岩橋の『24時間テレビ』復帰説の裏にある、ジャニーズと日テレの“思惑”について話す。

「おそらく今年、さらには来年の『24時間テレビ』は、2020年12月末での活動休止を発表した『嵐』が主体となることが想定されます。国民的グループ『嵐』の活動休止まであとわずか2年。“ポスト嵐”を育てることが急務ですが、ジャニーズ事務所には時間がありません。そこで、キンプリを今以上の人気グループにする必要があります。老若男女が見る『24時間テレビ』で、岩橋のパニック障害からの“感動の復活劇”をみせることで、キンプリのグループ人気は間違いなくアップするでしょうし、日テレサイドとしても高視聴率が期待できます」

 ファン待望の岩橋の復帰。3月20日の3rdシングル『君を待ってる』の“君”は、明らかに岩橋を思わせる。ファン、そしてメンバーの思いが届き、8月24日に岩橋が本格復帰してくれることを願うばかりだ。

あわせて読む:
・“ポスト嵐” King&Princeに立ちはだかる「2年じゃ間に合わない」問題
・星野源ほか、あの芸能人も“パニック障害”に苦しんでいた!?
・キンプリを超える!? ジャニーズ新“合体”グループ、来年衝撃デビューか