羽生結弦選手
羽生結弦選手

 いよいよ令和の新時代へ! 新元号元年の今年、ぜひ足を運んでほしい、あの有名人も訪れた“最強の開運神社”を紹介。さらに、訪れた有名人たちが運と幸せを手に入れることのできた理由を、話題の新刊『全国1万社を巡った僕が見つけた 開運!あやかり神社』の著者で、神社巡拝家の佐々木優太さんに解説してもらった。

 ※   ※   ※

 今回は、フィギュアスケート男子の絶対王者に君臨する羽生結弦選手も訪れた、兵庫県神戸市にある弓弦羽神社(ゆづるはじんじゃ)。「名前が似ている!」ということでファンからこちらの神社のお守りを送られたことがきっかけとなり、近くで試合などがあるたびに羽生選手自身も参拝するようになったそう。

「弓弦羽神社は、昔、活躍した女帝が弓矢を奉納したことから始まった神社です。弓矢にゆかりのある神社ということで、目標や意中の人の心を射止めたいと願う人にはぴったりの神社なのです。この神社のご利益がどうかは分かりませんが、羽生選手も目標にしていた金メダルを見事に射止めていますからね。神社のご利益と同時に、羽生選手の功績にもあやかることができる、最強のパワースポットだとも言えるでしょう」(佐々木さん)

 ちなみに、羽生選手が参拝した際には、絵馬を奉納したり、「ゆづ丸」のぬいぐるみを持ち帰ったりしている姿が目撃されている。

「ゆづ丸」とは、願いが書かれた手紙を神様に届けてくれる八咫烏(やたがらす)のキャラクターで、弓弦羽神社の公式キャラクターだ。羽生選手が大好きなクマのプーさんにどこか似た癒し系のフォルムが、気に入ったのだろうか?

 今シーズンはケガにも悩まされた羽生選手。今月行われた「フィギュアスケート世界国別対抗戦」も欠場したが、「1日も早くケガを完治させ、来シーズンに向けて練習に励みます」とコメントした。誰よりもストイックで努力を惜しまぬ羽生選手のこと。きっと、ケガの完治後には再び猛練習に励み、来シーズンには羽生スマイルと共に最高の演技を見せてくれるにちがいない。

 そんな羽生選手の不屈の精神にもあやかって、ぜひ弓弦羽神社に参拝に行ってみてほしい。目標を達成することができたり、意中のあの人の心を射止めることができるかも!?

弓弦羽神社(ゆづるはじんじゃ)
住所:兵庫県神戸市東灘区御影郡家2-9-27
アクセス:阪急神戸線「御影」駅より徒歩約5分

【プロフィール】
佐々木優太(ささき ゆうた)
神社巡拝家、ラジオパーソナリティー。昭和59年7月7日生まれ、兵庫県出身。これまでに参拝した神社は1万以上、拝受した御朱印は3600を超える。神社の歴史や文化への造詣も深く、神職や一般の方に向けた講演会活動なども行う。近著に『全国1万社を巡った僕が見つけた 開運!あやかり神社』(双葉社)。