今や国民のソウルフードのラーメンだが、実は、命を削る恐ろしい一面が。今回は、その超危険な食べ方7つを紹介しよう。 まず、「ラーメンはスープまで残さず飲む」。これはもちろん、過剰な塩分が摂取されるから。実際、カップラーメンや袋麺の塩分量は4〜5グラムで、街のこってりラーメンでは8〜10グラムもある。…


あわせて読む:
・カップヌードル「一番好きな味」選手権! ナンバーワンは?
・「インスタント食品の見分け方」インフルエンザも予防できる!
・「NG味噌汁」はコレ! 簡単に作れる「健康味噌汁」の秘訣!