有吉弘行
有吉弘行

 5月23日に放送された『有吉×巨人』(日本テレビ系)に、ナイツ塙宣之(41)とお笑い芸人のはなわ(42)が兄弟そろって登場。はなわの替え歌で、なぜか元木大介がイジられたことが話題になっている。

 この番組は“広島カープを愛し読売巨人軍を憎む”有吉弘行(44)を少しでも巨人好きにするため、各界の巨人ファンたちがあの手この手で“アンチ巨人”有吉の心を揺さぶる新感覚野球バラエティ。

 今回登場した塙たちは、巨人ファン歴41年でつちかった巨人情報と過激なツッコミで有吉を巨人好きにすることができるのだろうか。

 さっそく塙は、自慢の知識を惜しげもなく披露するが、有吉はなかなか巨人に魅力を感じていない様子。そこで塙は“巨人愛にあふれるミュージシャン”と紹介し、兄のはなわを登場させた。

 はなわは自身の歌『佐賀県』のメロディに乗せ、「MARU丸! ABE阿部! みんなジャイアンツ大好きだ~」と巨人軍の魅力を紹介していく。さらに有吉を巨人好きにするため、わざわざ作った『ウェルカム・有吉・ジャイアンツの歌』も披露。

 この歌は「スターぞろいのジャイアンツの選手たち」の悲哀を歌った歌で、「菅野智之(29)の苦渋のドラフト」「阿部慎之助(40)のたび重なるケガ」といった、ジャイアンツメンバーの野球にまつわるエピソードが紹介されている。しかし最後に紹介された元木大介(47)だけは、「元木コーチのラーメン屋!」と、野球に関係ないラーメン店経営失敗についてイジっていた。

 元木をオチに使ったはなわに、視聴者からは「ラーメン屋の話には触れてあげるなよ」「せめて野球のエピソードにしてあげて!」「元木さんのラーメン屋のことは忘れかけていたのに、今さらよみがえってきたわ」「オチに使われる元木さんかわいそうだけど大笑いしてしまいました」「他にもっとネタなかったのかな?」「言われてみると元木さんってバラエティとかラーメン屋のイメージのほうが強い」など、大爆笑の声が上がっている。

 もはやそれも元木の個性!?