アリーナ・ザギトワのムダ使いにファンの怒り爆発「心の底から不快」
※画像はイメージです

 7月24日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に、平昌冬季五輪フィギュアスケート女子で金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ選手(17)が出演。番組でのぞんざいな扱われ方に、フィギュアスケートファンから批判の声が相次いでいた。

 この日は、当日の朝に来日したアリーナ・ザギトワ選手をゲストに迎えた生放送。ザギトワ選手を歓迎すべく、チョコレートプラネットが人気のリズムネタ「TT兄弟」を披露したが、ザギトワ選手は「まあまあ良かったです」とイマイチな反応。続いて、ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)の名場面集を見せ、賀来賢人が演じる三橋貴志がやっていたメンチ切りからの白目をやらせるなど、終始、バラエティ的な構成で番組が進められた。

 ファンの多くはアリーナ・ザギトワ選手の話を聞きたかったようなのだが、彼女が自身の話題でトークしたのは、羽生結弦選手(24)と、練習中のリンクで話すことがあるということだけだった。その後も、タレントの藤崎奈々子(41)が結婚を発表したり、ひな壇にいたニセふなっしーの正体がANZEN漫才のみやぞん(34)だと明かされたりするなど、ザギトワ選手とは関係のない話題で番組は進行した。

 アリーナ・ザギトワ選手は、とまどったような表情で通訳の説明に耳を傾けていたが、この展開にファンの怒りは爆発。ネット上では「ザギトワをゲストに呼んでおいてあれはない!」「心の底から不快な生放送だった」「金メダリストなの分かってる? 失礼すぎない?」などといった番組への批判が相次いでいた。

 また、出演者も不満を感じていたようで、番組中にMCを務めるチュートリアル徳井義実(44)が「スタジオにザギトワちゃんがいるのにワイプにおさめとくって……」とつぶやき、放送後には指原莉乃(26)も自身のツイッターに「もしも次があったら、ザギトワさんともっとゆっくりお話しできますように…!」と投稿していた。

 アリーナ・ザギトワ選手は放送日に安倍晋三首相を表敬訪問し、その報道が海外で話題になるほどの著名人。急に出演が決まり、とってつけたような演出になってしまったのかもしれないが、さすがにこの扱いはファンを怒らせてしまったようだ。

あわせて読む:
・浅田真央を紀平梨花が超える日、ザギトワとのライバル時代到来
・羽生結弦選手が、ロシア人少年に見せた“神対応”に感動の嵐「こんなん泣くわ」
・ザギトワ選手の『魔法少女まどか☆マギカ』コスプレCMに、アニメファンも称賛!