クロちゃん(安田大サーカス)
クロちゃん(安田大サーカス)

 12月4日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の人気企画「モンスターアイドル」で、一部シーンがカットされる異常事態が発生した。これは、安田大サーカスクロちゃん(43)が自分の欲望全開でアイドルをプロデュースしていくという連続企画で、前回放送ではクロちゃんがメンバーのアイカをスパイに任命し、他の参加者たちの本音を密告させる様子が映し出された。

 第4回目となる今回は、アイカがスパイだとバレて他のメンバーたちから吊るし上げられてしまった。「裏でクロちゃんを嫌っている」と告げ口されたナオは、アイカにその理由を問いただす。しかし、その途中でクロちゃんが「みんなどうしたの? 何かあったの?」と、しれっと登場。自分がアイカをスパイに任命したことをあっさり暴露し、「いや、アイカのこと責めるっておかしいから」と擁護した。さらに、自分を正当化するかのようにアイカから自分が陰口を言われている報告を受け、「ショックだったけどね」「裏と表あるのちょっと怖いね」とメンバーたちを責めた。

 ナオが「私たちは、クロちゃんに恋愛感情を持っていないとダメなんですか?」と聞くと、クロちゃんは意地悪そうな笑みを浮かべ「別にそうは言ってないよ」「言ってないけど、嘘はダメじゃない? 嘘つくやつは入れたくないね」と責め立てた。次のシーンから、「クロちゃんの行き過ぎた言動があったため一部シーンをカットしてお送りします」というテロップと不穏な音楽が流れ、なおも悪い顔をしてなにかを言い募るクロちゃんと号泣するメンバーたちが映し出された。これをスタジオで見ていたダウンタウンは絶句。スタジオゲストのみうらじゅん(61)は、「もうこんなグループ入らないほうがいいよね。やめたほうがいいよ」と憤り、いとうあさこ(49)は、「今夜の酒がまずくなる!」と絶叫していた。

 まさかのテロップに、視聴者からは「放送事故すぎるw」「くそわろたw」「クロちゃんクズすぎる。行き過ぎた言動気になる」「クロちゃん怖いって」「カットされるってよっぽどひどい言葉だったんだろうな」「クロちゃん何言ったの」「女の子たちがひたすらかわいそう」「最後、クロちゃんにお仕置きが待ってるといいね」とさまざまなコメントが上がっていた。

 参加者の1人であるハナエは、今回のカットについてツイッターで「私が沖縄で体験した地獄絵図は辛かったけど、テレビで客観的にも見てみたかったです」、カット部分には「凄いシーンがあった」とコメント。また番組ディレクターの藤井健太郎氏もツイッターで「第2話以降一度もベストな状態でOAに至れておりません」と、過去の放送でもカットを強いられてきた事実を明かしている。次回はついにグループのメンバーが決まるが、まだまだ地獄は終わらない!?