木下隆行(TKO)
木下隆行(TKO)

 昨年、後輩芸人へのパワハラ疑惑が複数のメディアで報じられたお笑いコンビ・TKO木下隆行(47)。

 2018年6月、事務所の先輩である、お笑いコンビ・よゐこ濱口優(47)とタレントの南明奈(30)の結婚パーティで、会を仕切った木下が、参加した芸人から会費を徴収。しかし、パーティの費用は結局、濱口がすべて支払ってくれたという。にもかかわらず、木下は集めた金を返金しなかった。

 それを後輩芸人のオジンズボーン・篠宮暁(36)に年末のライブでイジられると木下が激怒。楽屋でふたを開けていないペットボトルを投げつけ、篠宮の左目に直撃させてケガをさせたと報じられた。

 昨年10月発売の『女性自身』(光文社)では、数年前のある番組で「安田大サーカスクロちゃん(43)が木下をイジる」というドッキリ企画を行ったところ、木下がクロちゃんに激怒し、収録後の楽屋でクロちゃんに土下座させ、革靴で頭を踏みつけていたと報じた。

 加えて10月3日付の『FRIDAY DIGITAL』でも、木下が、お笑い芸人の“闇営業”問題で、芸人と反社会的勢力のパイプ役を担ったとされる。カラテカ入江慎也(42)と懇意にしていて、入江主催のクラブイベントなどで、未成年と思しき女性をナンパしていたという報道もあった。

 他にも、木下が立ち上げた洋服ブランドの展示会に来た後輩芸人が、何も買わずに帰ろうとすると「何も買わへんの? ウソやろ?」と木下に迫られ、“服を押し売り”されたとも、11月発売の『週刊女性』(主婦と生活社)が伝えている。

「お笑い業界では、“木下さんにはまだ明らかになっていないスキャンダルがある”ともささやかれていて、万が一、新規の仕事を受けたあとに、新たなスキャンダルが発覚したら、トラブルになったり、最悪、賠償金が発生する可能性もある。木下さんの所属事務所はそういった事態を恐れて、新規の仕事を入れていなかったといいます。ですので、パワハラ疑惑が報じられてから以降、昨年いっぱいは事実上の活動休止状態だったようです。

 木下さんはかなり反省しているとのことです。仕事をしていない間は、禊(みそぎ)のためにボランティアを行っていたようですよ」(バラエティ番組ディレクター)

 深く反省し、自分を見つめ直しているという木下。前出のバラエティ番組ディレクターは続ける。

「一般の人の目撃談もネットにも上がっていますが、ボランティアに続き、年末には四国で“お遍路”に励んでいたそうなんです」

 お遍路といえば、四国にある空海にゆかりのある寺院88か所、「四国八十八箇所」を巡礼すること。2015年当時、薬物使用疑惑や離婚などが報じられていた元プロ野球選手の清原和博(52)が、“自分を見つめ直すため”、“懺悔の念を深める”ために、お遍路をしていたことで話題を呼んだ。

「昨年、連日続いたパワハラ報道に、さすがの木下さんも相当懲りたようですね。自分と向き合うため、そして、後輩や周囲への懺悔もあって、お遍路に臨んでいるのではないでしょうか。ただ、木下さんは清原さんとは違って、自転車での巡礼だといいます……。

 活動休止は昨年末までで、今年からは舞台などで徐々に復帰していくようですね。2020年はあらためての活躍を期待したいところです」(前同)

 “懺悔お遍路”を行ったというTKO木下。2020年の復活やいかに!?