韓国人歌手のミナ
※画像はミナのインスタグラムアカウント「@minakorea」より

 2月1日と2日、東京ドームシティで開催予定だった韓国の女性アイドルグループ「TWICE」のニューアルバム発売を記念したイベントが、新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し中止となった。

「実はTWICEは、昨年10月にスタートしたコンサートツアー『WORLD TOUR 2019 TWICELIGHTS』の日本公演(福岡、静岡、東京)が今月と来月にかけてまだ6公演残っており、ファンたちからは“楽しみにしていた今後のコンサートも中止になるのでは?”と不安の声が広がっているんです」(芸能関係者)

 韓国芸能界では新型コロナウイルスの影響が深刻になりつつある。

少女時代テヨン(30)がシンガポールで行う予定だったコンサートが延期になったり、男性アイドルグループSUPER JUNIORのカムバックショーが急遽、観客を入れない非公開形式での収録に切り替えられるなど、新型コロナウイルスの感染拡大による様々な影響が日本以上に広がっています」(前出の芸能関係者)

 自身のSNSなどで感染予防を呼び掛ける韓流スターたちも。

「2018年にタレントのリュ・フィリップ(30)との“年の差婚”で世間を騒がせた韓国人歌手のミナ(47)は1月30日、自身のインスタグラムで空港ファッションを披露。マスクに大きなゴーグルまでつけての“完全防備”の自撮り画像とともに“まだ空港にマスクをしていない方々がいらっしゃるんですね。みなさん健康に気をつけて、マスクをちゃんとつけて、手を頻繁に洗ってください”と注意を呼びかけました。

 他にも歌手で俳優のイ・スンギ(33)が2月3日に更新した自身のインスタグラムでは、“手洗いは徹底して”のハッシュタグをつけて“みんな健康に気をつけてください”とのメッセージでファンたちに予防を呼びかけました」(前同)

 日本のエンターテインメント業界でも徐々に影響が出始めている。今後の被害を最小限に抑えるためには個々の対策も重要なようだ。

※画像はミナのインスタグラムアカウント「@minakoreaより