平子理沙、「コロナ渦中のLA実家」にやってきた“珍客”にほっこり!の画像
※画像は平子理沙のインスタグラムアカウント『@risa_hirako』より

 モデルの平子理沙(49)が3月22日、インスタグラムを更新。ロサンゼルスで暮らす母のもとにやってきた“ある訪問者”について明かした。

 この日、平子は「いつものように、LAにいるママと電話で話していました。話の途中で、ママがいきなり“きゃ〜〜可愛い〜〜 今、アライグマがガラスの窓に手をついて、部屋の中をずっと覗いてるから、写真を撮るからちょっと待ってて〜”と言って送って来たのがこの写真」とコメントし、窓ガラスの外からこちらを見ているアライグマの写真を投稿。

 さらに「LAは野生のアライグマがいるとは知ってはいたけれど、人を恐れてか、なかなか実物を見る事はないのです。かなり近づいて写真を撮ってても全然逃げずに、しばらくずっと部屋の中とママをじーっと見つめていたそうです」「アメリカはコロナで外出禁止で緊迫ムードの中、可愛い訪問者にママもほっこりしたようです」とアライグマと母親のエピソードを明かした。

 最後には「わたしは東京にいますが、出来る限り外出はせず、うつらない、うつさないを心がけていこうと思ってます。お家の中で、お掃除や読書、お料理をしたり、ゆっくり家族や友達と電話で話したりしています。桜も見に行きたいけど、また来年見に行こうかな〜 皆さんも、お身体に気をつけてくださいね がんばりましょう」と新型コロナウイルスの感染拡大防止で外出を控えていることを明かし、ファンを気遣っていた。

 この投稿を見たファンからは「かわいい写真をありがとうございます」「かわいいアライグマのお客様に癒されました」「りささんの投稿はいつも幸せな気分になります」「ガン見しててかわいいです」「早くコロナ消滅することを祈りながら頑張りましょう」「すてきなママをきっと癒しにきたんだね」「リチャママのオーラに誘われたのでしょう」とポジティブな反響が多数寄せられている。

 新型コロナウイルスの影響で世の中がピリピリしている中、思いがけず現れたアライグマにほっこり!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

いつものように、LAにいるママと電話で話していました。話の途中で、ママがいきなり「きゃ〜〜❣️可愛い〜〜❣️❣️❣️今、アライグマがガラスの窓に手をついて、部屋の中をずっと覗いてるから、写真を撮るからちょっと待ってて〜〜❣️❣️🦝」と言って送って来たのがこの写真😃💕 LAは野生のアライグマがいるとは知ってはいたけれど、人を恐れてか、なかなか実物を見る事はないのです。かなり近づいて写真を撮ってても全然逃げずに、しばらくずっと部屋の中とママをじーっと見つめていたそうです。アメリカはコロナで外出禁止で緊迫ムードの中、可愛い訪問者にママもほっこりしたようです🦝💕 わたしは東京にいますが、出来る限り外出はせず、うつらない、うつさないを心がけていこうと思ってます。 お家の中で、お掃除や読書、お料理をしたり、ゆっくり家族や友達と電話で話したりしています。桜も見に行きたいけど、また来年見に行こうかな〜🌸 皆さんも、お身体に気をつけてくださいね❣️がんばりましょう〜〜💪🏻‼️ #アライグマ#lifestyle #fashion #beauty #risahirako#平子理沙

平子理沙 RISA HIRAKO(@risa_hirako)がシェアした投稿 -

※画像は平子理沙のインスタグラムアカウント『@risa_hirako』より