ダウンタウン
ダウンタウン

 3月20日に放送された『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の「本音でハシゴ酒」に、清春が登場。1994年に黒夢のボーカルとしてデビューし、数々のヒット曲を世に送り出してきた。ロックミュージシャンということもあり、若い頃はかなり尖っていた清春。番組では、そんな清春のことをよく知る親友であるL’Arc-en-CielのHYDEからの証言VTRが紹介された。HYDEは過去に清春のライブを見に行ったことを振り返り、「始まるのも、ちょっといつ始まるのか分からないんですけど、終わるのもいつ終わるか分かんないんですよ。突然終わっちゃうの。機嫌悪いかなんか知らないけど」「マイク、バーン落として。まだ30分ぐらいしかやってないのに帰っちゃう」「“リズムがイマイチだったんだよね”とか言いながら」と語った。

 さらにHYDEから、清春がライブ中に毎回タバコを手にしながら「根性焼きしてた」「どんどんやけどが増えて」と驚きの証言が飛び出す。HYDEは「その頃はなるべく、あ、つきあわないほうがいいって思ってたんで」「安心して見てらんなかったね、昔は。そんぐらい尖ってた」と苦笑していた。清春はこの根性焼きについて、「それがウォって盛り上がってた。当時はね」「一個のオチみたいな感じ」とサラッと語り、ダウンタウン浜田雅功(56)と松本人志(56)を驚かせていた。

 今回の放送を見た視聴者は「清春さんが変わらず清春さんしてて安心した」「HYDEさんからのたれ込みw」「さすが清春様」「今もです……今も相変わらずです……」「清春さんはライヴで調子いいとアンコールが大げさに言うとエンドレスだった」「清春さん最高」「根性焼きは尖ってたという領域を超えている気がするw」「マイクバーンは怖すぎ!」「ロックであることにこだわってるところ、大好き」と大喜び。今回の番組では、そんな尖っていた清春が娘には激甘だという事実も明かされ、ギャップに驚く視聴者も多かったようだ。