2月12日、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗委会長(83)が、女性蔑視発言の責任を取り、辞任の意向を表明した。 2月4日に開いた、謝罪会見では記者に“逆切れ”。火に油を注いだ森会長だが、12日の辞任挨拶でも、恨み節が炸裂。「これは解釈の仕方だと思うんですけども、そういうとまた悪口を書かれますけ…