日刊大衆TOP 社会

『恐怖の心霊報告書』読者投稿17 廃屋

[恐怖の心霊報告書]

『恐怖の心霊報告書』読者投稿17 廃屋

1人では来られない不気味度満点の廃屋

今から2年前、ぼくが21歳になった夏のことです。

夕食を食べ終わり自室で寛いでいると、普段からつるんでいるカズキとトモヤがやって来ました。こいつらとは10年以上の仲なので、うちの親とも打ち解けちゃっていて、
「こんばんは~、あがります」

と玄関でひと声かけて、僕の部屋まで勝手にやって来るのです。まあ、いいですけど。

ベッドで横になっていると、カズキが言いました。

「肝試しに行くぞ! ほらほら、早く支度しろよ」
「そうそう、行くよ!!」
トモヤが続けます。

肝試し!? どうやらカズキが会社の同僚から、心霊スポットを聞かされて、その気になってしまったらしいのです。

僕らが住む町は県境にあります。その心霊スポットは、川を渡った隣県にあるとのことで、さっそくトモヤの運転する車でそこに向かいました。

車中でカズキがその心霊スポットについて話します。
「なんでも一家惨殺事件が起こった建物だそうだ」

心霊スポットにありがちなパターンです。

そうこうして30分ほどで着いたのは1軒の空き家。まわりに住宅がまったくなく、この1軒だけがぽつんと建っています。

ひと目見ただけで長いこと人が住んでいないことがわかりました。懐中電灯で照らした木造平屋建ての外壁は、塗装ばかりか壁自体が剥がれかかっています。ところどころに張られたトタンも、すっかり錆びて赤茶色に変色していました。

とても1人では来られない不気味度満点の廃屋です。

「………いたよ」友人が小さな声て答えた

玄関の引き戸を開けて、
「ごめんください」

とりあえず、声を掛けてから中に入ります。もちろん建物内は真っ暗。懐中電灯の明かりだけを頼りに、部屋を散策していきました。

想像以上に中は荒れ放題。自分の足下の床が抜けてもおかしくない状態です。前の住人が使用していたものでしょう。床には生活用品や私物と思われる物が散乱しています。さすがに仏壇を見たときには、気持ち悪くて目を反らしてしまいました。

最初のうちはテンション高く騒いでいましたが、3人ともじょじょに口数が少なくなっていきました。いま思うと、この建物内に漂う重苦しい空気を自然と察知していたのでしょう。

「出なかったけど、そろそろ帰ろうよ」
「そうしよう」

トモヤの提案に対して、ぼくはすぐに答えました。しかし、カズヤがまったく反応しません。というか、先ほどから姿を見ていません。

トモヤと一緒に声を掛けながらカズヤを探します。すると奥から、なにやら人の声が聞こえてきました。恐る恐る部屋の中を覗くと、カズヤが仏壇に向かって正座をしています。先ほど聞こえた声はカズヤが唱えていたお経だったようです。

「カズヤ、なにしてんだよ!?」
「出ないし、帰ろうぜ」

2人で口々にそう言うと、
「………いたよ」

カズヤは喉から絞り出すような小さな声で答えました。

「いたって、なにが?」

トモヤがすかさず突っ込みます。するとカズヤは振り返ってポロポロと涙を流しながら、押し入れを指差しました。

なにがいるんだ? そう思いましたが……普段、強気のカズヤがこんな姿になっているのを見たうえで、押し入れを確認する勇気はありません。トモヤも同じようです。もはやここにとどまっているのは危険だ! カズヤを抱えるようにして廃屋を後にしました。

車のリアウインドウに土気色したじいさんが!

車に乗り込んだところで、カズヤを落ち着かせて話を聞きました。

彼いわく、仏壇のある部屋に入った瞬間、体がまったく動かず声も出なくなったそうです。すると、押し入れからボロボロの白い浴衣を着た老人が、ズッ、ズッ……ゆっくり這い出で来てきました。

そして、カズヤの体をよじ上るようにして立ち上がり、耳元で囁いたそうです。
「待ってたぞ……わしが許すまで、仏壇に向かって拝め!」

そして、老人は再び押し入れに戻ったと言うのです。不思議なことに、自分の意志とは関係なく仏壇の前に正座してしまったそうです。

もはや、カズヤにかける言葉も見つかりません。

沈黙の時聞が続き、ようやく県境の川に架かる橋が見えてきたとき、
「うわっ!」

ルームミラーで後方を確認したトモヤが大きな声を上げて、アクセルを踏み込みました。

僕には訳がわかりません。

すると橋を渡りきったところで、カズヤがポツリと言いました。
「着いて来てたか?」
「いた! 土気色したじいさんが、リアウインドウに顔を押し付けて、お前を睨んでた!」

真っすぐ前を見ながら、運転しているトモヤが言いました。

カズヤに言わせると、その老人は廃屋からずっと車に張り付いていたそうで、
「お前たちが恐がると思って黙ってたんだ!」

あの日からカズヤはおかしくなってしまいました。奇妙な言動が増えて、ぼくたち2人にも会おうとしません。

もしかすると橋のところで逃げ切れたと思っていましたが、実は老人に取り憑かれてしまったのでしょうか……。

成仏できない老人が住人を不幸にする!

思い余ったカズヤの母親がぼくに電話をかけてきました。
「カズヤがおかしくなったのは知ってるわよね。なにか理由があると思うの。なんでもいいから知ってることを教えてほしいの……お願い」

受話器の向こうから鼻をすする音が聞こえます。泣いているのでしょう。

ぼくが思い当たるのは廃屋での1件だけ……というか、それ以外に考えられることはありません。

「実は、川向こうの廃屋に肝試しに行って……」

廃屋で起こったことについてぼくが知るすべてをカズヤの母親に伝えました。すると、
「そうだったの……もしかすると、それが原因かもしれないわね。あなたたち2人は大丈夫なの?」
「はい、大丈夫です」
「じゃあ、カズヤを然るべき人のところへ連れて行くわ。私の友人に霊媒師がいるから」

そう言って、カズヤの母親は電話を切りました。

その後、正気を取り戻したカズヤを訪ね、当時の話を聞いてみました。

カズヤいわく、母親に連れられて行ったのは、祖母……母親の実家だったそうです。そこに母親の友人でもある地元で有名な霊媒師を呼びました。

カズヤの前に現れた霊媒師は50歳くらいの女性で、凛とした雰囲気を漂わせています。そして、しばらくカズヤを見つめていた彼女は、廃屋のことや老人のことをピタリと言い当てました。

なんでも押し入れにいた老人は、あの家の元々の主で病に伏せてしまったそうです。

子供がいたのですが、折り合いが悪く家に寄り付かず、もちろん面倒もみてもらえませんでした。

そして、誰にも看取られることなく、ボロボロの浴衣を着た状態で孤独死したそうです。

その後、新たな住人があの家にやって来ますが、そのたびに成仏できない老人が取り憑きます。そして事件を起こさせていたそうです。

霊媒師いわく「手こずった」そうですが、無事にカズヤは元に戻りました。
ただし、いまでも押し入れは直視できないそうですが……。

『本当に体験した! 恐怖の心霊報告書』¥700(税抜)双葉社

『恐怖の心霊報告書』読者投稿17 廃屋

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.