日刊大衆TOP 社会

中国と韓国のトンデモ行為一挙出し!アゼンボーゼン「ギョーテン反日」最新実態

[週刊大衆10月27日号]

世界にもまれな厚顔至極の両国。まさに口あんぐりの呆れた行状の数々を白日の下に! いい加減にせい!!

10月4日に閉幕した韓国・仁川(インチョン)でのアジア大会は、歴史に名を残す"お粗末大会"となった。

「開幕翌日に聖火が消えたアクシデントを皮切りに、選手用に用意されたお弁当からサルモネラ菌が検出されたり、韓国以外の"アウェーチーム"に対する妨害行為が頻発するなど、やりたい放題の状況でしたね」(スポーツ紙記者)

その中でも特に顰蹙(ひんしゅく)の声が噴き上がったのが、わが国・日本に対する露骨で醜悪な"反日工作"だった。
「9月19日に行われた開会式では、日本選手団が入場するや、スタジオ内から強烈なブーイング。競技中は敵同士とはいえ、競技以外の場で対戦相手を貶めるような行為はスポーツマンシップのかけらもない野蛮な行動です」(前同)

さらに、サッカーU- 21日本代表の選手村では、宿舎のエレベーターが"故障"。
選手たちは階段で22階までの昇り降りを余儀なくされたほか、部屋にはエアコンもなし。
最悪のコンディションで試合に臨むことになった。

「9月28日の日韓戦では、韓国サポーターが試合前に伊藤博文を暗殺した安重根の肖像画を掲げる始末でした」(同)

スポーツの場に政治を持ち込むのは国際的に明らかなマナー違反。
こうした"やりたい放題"の反日所業にアジア諸国も愛想を尽かしているが、それに便乗する国も存在するという。

韓国の反日パートナーといえば、言わずもがな中国。
「韓国の反日妨害行動に意を強くしたのか、競泳男子400メートルで日本を下し、金メダルを獲得した中国の孫楊(ソンヨウ)選手は、中国メディアに対して"日本の国歌は耳触りだ"と発言。非難の声が噴出しました」(全国紙外信部記者)

ただ、ご存じのとおり、韓国、中国の"アゼンボーゼン反日運動"は何も今に始まったことではない。
そんな2か国の"トンデモ行為"を一挙出し。
その"ギョーテン"最新実態を、まずは韓国から見ていこう。

日本政府の支援によってフィリピン・レイテ島に建設された小学校。
校舎の壁面には「日比協力」の印として、フィリピン国旗と日章旗が並んで描かれていたが、今年の7月に、日章旗が消され、韓国国旗に塗り替えられていたことが発覚した。

「13年にフィリピンを直撃した台風の復興支援として、現地入りした韓国軍が校舎の再建工事に便乗して、塗り替えたようです。他人の善意を自分の手柄にしてしまう、いかにも韓国らしい厚顔無恥な行動です」(全国紙ソウル支局記者)

その韓国で大ヒット中なのが、反日映画『鳴梁』。
16世紀末、豊臣秀吉による朝鮮侵攻の際、韓国水軍12隻が、日本水軍330隻を打ち破った姿が描かれた作品で、8月の公開から、すでに1700万人を動員し、歴代最多観客動員数の記録となった。

大ヒットに気を良くした映画関係者は
「日本でも公開し、日本人に"本当の歴史"を教えてやる」
と、意気軒昂なんだとか。

「しかし、内容はお粗末そのもの。水上戦のシーンで当時使用されていたはずの亀甲船は出てこないし、なぜか、秀吉軍の旗に"風林火山"と書いてあったり、小学生でもわかる歴史の間違いが散見。日本で上映したら笑い物ですよ」(前同)

また、昨年11月にはロッテグループ系列のロッテ・シネマ建物にあるネット・カフェが「日本人の入店お断り。入りたいなら"竹島は韓国の領土"と3回言うこと」の横断幕を掲げていたことも明らかになっている。


日本兵を模したトイレに放尿

品性の欠片も感じられない数々の暴挙が韓国で横行しているが、それは中国も同じだ。
先日、『中国人は雑巾と布巾の区別ができない』を著した中国在住のジャーナリスト・西谷格氏が言う。
「黒龍江省ハルビン市の中級ホテルに併設されたトイレには、日本兵の顔をした男性用小便器が設置されているんです」

3台あるうちの右側の2つが中国の反日映画に登場する日本兵がモチーフにされており、鼻の下にチョビ髭を生やしているのが特徴だ。
中国人客たちは、この日本兵の口内に向けて放尿。
みな、「あ~ぁ、スッキリした」とご満悦の表情でトイレから出てくるのだというから、あきれるばかり。

さらには、金儲けのためだけに反日を利用している者もいる。
「四川省眉山市にあったバーの入り口には"魚釣島(日本で言う尖閣諸島のこと)は中国のものと叫べば10%オフ。日本の領土も中国のものと叫べば12%オフ"と大書されたポスターが張り出されていました」(前同)

ちなみに、ポスターを張り出した店主は
「日本を侮辱すれば客の入りがいいから」
と、ケロッとしていたという。

「同店で、実際に日本人であることを告げると、意外にも"歓迎しますよ"と握手まで求めてくるほど友好的でした。さらには、"日本車の技術力はすごい"とまで言い、まったく反日感情はないようでした」(同)

また先頃、中秋節用にと発売され、好評なのが「抗日月餅」。
「小日本(日本の蔑称)を恨め」「小日本を打ち負かせ」「小日本を噛み殺せ」「小日本を追い出せ」――も、そう書いたほうが売れるからだという。

「金儲けになるなら何でもやる、中国人のご都合主義なんでしょう。そこには、政治信条など微塵もありませんよ」(西谷氏)

その中国の首都・北京では今、"反日ダンス"なるものが流行っている。
10人以上の中高年女性たちが、おもちゃのAK47突撃銃を抱え、太極拳のようなダンスを披露。

「途中で司会の男性が"日本の悪魔どもを倒せ!"と叫ぶや、旧日本軍の格好をした男性が登場。銃を構えるが、女性たちの返り討ちにあってスゴスゴと退場。すかさず観客がヤンヤの声援を送る、いつもの反日パターンです」(大手製造業・北京駐在員)

バカバカしいほどのナショナリズム高揚ダンスだが、北京市民は興味津々で見入っているという。

以上、見てきたように反日に燃える韓国、中国だが、11月に開催されるAPEC(アジア太平洋経済協力会議)を前に、反日は影を潜め、あろうことか、散々嫌っていた日本に対してSOSを発信しているのだ。

両国の事情に詳しい軍事ライターの古是三春氏が解説する。
「中国のIT企業の台頭により、韓国ではサムスンが不調で、韓国経済は危機的状況にあります。そうした窮状を打破するために、APECでの日韓首脳会談を実現し、日本側からの経済的支援を取りつけたいという思いが朴槿恵大統領には強いはずです」

一方の中国も、IT企業が台頭してきたとはいえ、韓国と同様に日本の経済援助がなければ成り立たない。
「中国にある日系企業は、法人税の3割を占めるほどのドル箱企業群。対日関係が悪化し、日系企業撤退なんて事態は習近平国家主席も絶対に避けたいでしょう。そのため、中国政府の要人が来日し、APECでの日中首脳会談に向け、下交渉をしています」(前同)

ただ、両国とも喉元過ぎればなんとやらの国。
首脳会談が成って、いったん経済実利を獲得すれば、その後、また再び、反日を持ち出すことも容易に考えられるだろう。

「仏の顔も3度まで」――中韓両国の皆さん、日本にはこういう格言があることを、どうぞお忘れなく!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • 韓国メディア「ひどすぎ反日報道」スッパ抜き 韓国メディア「ひどすぎ反日報道」スッパ抜き

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.