日刊大衆TOP 社会

シャブよりやばい!?「危険ドラッグ人格崩壊症例」

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

昨年から急増している「危険ドラック」による犯罪や事故。インターネットの普及に伴い2000年前後から流通し始めたこの手のドラッグは、「合法ドラッグ」「脱法ハーブ」などと称して販売されていたため、覚せい剤などに比べ安全であるかのように誤解されているが、実は覚せい剤以上の、本当に危険極まりないドラッグなのだ。

現在でもネット上では、各種の危険ドラッグが半野放し状態で販売されており、その形態は「お香」「バスソルト」「アロマ」など、一見しただけではわからないようになっている。粉末・液体・乾燥植物など、形状も一定ではなく、摘発されると形状をかえてまた販売……という、当局と犯罪者たちのいたちごっこが続いているというのが現況だ。

エロ大衆
神奈川県警察ホームページ『危険ドラッグは「ダメ。ゼッタイ。」』(https://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mesh2002.htm)より、ネットで販売されている危険ドラッグの一例。



そんな危険ドラッグだが、幻覚のレベルはある意味、覚せい剤を超えているという。今回、神奈川県警がまとめた資料を見ると、危険ドラッグを摂取した犯罪者たちの異常極まる行動、言動が浮き彫りになってくる。その一部を以下に紹介しよう。

○3階の自分の部屋から飛び降りて、下半身裸になり付近の塀やフェンスを壊し、その後自分がした大便を貪り食った。

○親から腹に異物を入れられたと思いこみ、包丁で自分の腹を切り腸を引っ張り出した後、ピンク色の小腸をはみ出させながら街中を走り回った。

○カーナビを設定すると警察に行くようにしか設定できない、または何者かに妨害され駅に行こうとして走ったが、いくら走っても駅に着かないと言って、110番に通報した。

○「大きなものが身体の中に入って来て押さえきれない」と暴れる。または皮膚の下にダニが無数に入ってくるなど、体への異物侵入を訴えた。

○漫画喫茶で、床の隙間から男が無断で入ってきたと、下半身裸で男が抗議。店員に暴行しようとした。

○壁の中からドンドンと音がする、壁の中で死体が塗り込まれていると言って壁にドライバーを突き刺し確かめた。

○誰かに追われているような気がして、車両を暴走させ逃げ惑い、計6件の当て逃げやひき逃げを実行した。


これらの幻覚は覚せい剤を使用した際の症状と一致するものもあり、東京都福祉保険局の分析によると、危険ドラッグには麻薬や覚醒剤の化学構造を少しだけ変えた「デザイナードラッグ」と言われる物質が含まれているという。つまり、危険ドラッグは覚せい剤とほぼ同等の違法薬物、と考えて差し支えないということだ。

もしも貴兄自身が、ドラッグが辞められない、もしくはドラッグを持っている危険がある人物を知っている場合、秘密を厳守しながら相談に乗ってくれる「東京都福祉保険局・薬物相談窓口」(電話:03-5320-4515 http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/no_drugs/)に相談するといい。

シャブよりやばい!?「危険ドラッグ人格崩壊症例」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.