日刊大衆TOP 芸能

目玉は超大物ミュージシャン 「ASKAの次」警察禁断リスト

[週刊大衆02月23日号]

芸能界に衝撃が走った。
覚醒剤取締法違反と麻薬取締法違反で逮捕され、昨年9月に有罪が確定したASKA(56)。
その"入手ルート"を洗い出す過程で、警視庁はその"ネタ元"だった元暴力団幹部を1月24日に逮捕したのだ。

昨年9月には別の暴力団組員が供給元として逮捕されていただけでなく、懲役3年、執行猶予4年という判決も出ていた中での"捜査の進展"なのである。

「第2の売人」逮捕の意味――それは、昨今問題になっている芸能界麻薬汚染の"頂上作戦"だという。
「年をまたいだ今になってまでネタ元を逮捕するというのは、捜査当局が芸能界の粛清を狙っているという何よりの証拠。売人たちを皆、検挙すれば、それに付随する芸能人を一網打尽にできるわけですから。内心、戦々恐々としている業界関係者は少なくないはずです」(芸能プロ社員)

「当局はすでに"候補リスト"を握っている」と話すのは全国紙記者。
「今回の事件を担当した組織犯罪対策5課は比較的新しい部署で、ASKA逮捕の際にこぞってメディアに取り上げられたことで存在を大きくアピールできたと喜ぶ捜査員もいました。ですから、"次"の目星をつけて、内偵を進めています」
捜査対象者として、元国民的スポーツ選手Kや大物俳優Gなど複数の芸能人の名前が挙がっているというが、特に動向を注視している人物がいる。
「複数回の紅白歌合戦出場歴もある大物ミュージシャンXを本命視しているようです。ASKAとは違い、Xは今をときめく存在。世間が驚くような人物で、逮捕されれば、日本の芸能史に残る重大事件です」(同)

このXに関しては、本誌も業界関係者からこんな情報を聞いていた。
「Xと打ち合わせをする機会が数回あったんですが、驚くほど痩せていて、受け答えもままならない。しかも、何の連絡もなくドタキャンしたこともしばしばで、"もしや"と思ったんです」

さらに、Xは人気の絶頂にありながら、一時期、テレビや雑誌から姿を消しており、ファンの間で病気説が流れたこともあった。
「怪しいと思って、事務所関係者を探ってみたところ、"触れるなオーラ"がスゴくて、事務所の若手に聞いてみると"自分からは何も言えないです"と不審な回答でした。何かがあるのは間違いないですよ」

すでに収束したと思われたASKAの覚醒剤事件。今後、どのような展開を見せるのか。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.