日刊大衆TOP 社会

話題の即身仏には、隠された「生臭い秘密」があった!?

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

オランダのドレンテ博物館が所有する仏像をCTスキャンにかけたところ、中に約1000年前に死亡したとされる僧侶のミイラが入っていたと、昨年の12月にオランダのニュースサイト「NL Times」が報じ、日本でも最近、話題になっている。

このミイラは、柳泉(Liuquan)と呼ばれる、宋朝の位の高い僧侶が瞑想を続けて絶命し、そのままミイラになった即身仏を銅像に入れたのではないかと考えられている(遺体を麻布で覆い固めて人工的にミイラ化をはかった「加漆肉身像」ではないかという説もある)。

即身仏とは、飢饉、天災、疫病などにより、餓え苦しむ人々を救うため、厳しい修行の末、自らの肉体をミイラにして残した僧侶のことだ。
具体的な修行内容はまず山小屋などに籠もり、5種類の穀物(米、麦、アワ、キビ、大豆)を3年食べずに過ごす「五穀断ち」から始まり、さらに、3年を木の実だけで食べて過ごす「木喰行」を千日から3千日続ける。
続いて、木の実を食べるのもやめ、水だけを飲んで身体の中をキレイにすると、座ったままの姿で棺や石室の中に入り、呼吸用の竹筒を付けて地中に生き埋めにされる「土中入定(どちゅうにゅうじょう)」となる。
僧侶は暗闇の中で断食をしながら鐘を鳴らし読経するが、やがて音が聞こえなくなると死亡したとされ、3年ほど経ったら掘り出す。この遺体を乾かしてミイラ化し、新しい袈裟を着せたのが即身仏だ。
ミイラ化するためには「木喰行」のときに樹皮を食べるのが非常に重要で、死後に防腐剤の役割を果たす。実際、それを怠ったために腐ってしまい、即身仏になり損なった僧侶もいたそうだ。

こうやって強固な意志と厳しい修行によって達成される即身仏は、日本でも出羽三山などにいくつか見られる。こちらも人々を救うため僧侶は即身仏になったのだが、江戸時代には生臭い騒動が理由で即身仏になったこともあったようだ。
山形県村山地方・庄内地方に広がる出羽三山(でわさんざん)、「月山」「羽黒山」「湯殿山」は、古来から修験道を中心とした山岳信仰の場として、多くの参拝者を集めていた。
その中でも、真言宗の最神秘の霊場として別格とされていた「湯殿山」は、江戸時代初期に出羽三山信仰が盛んになると『湯殿山だけに登って拝めば、三山を拝んだのと同じご利益がある』と言われるようになり、多くの信者を獲得して急成長を遂げた。
これに危機感を覚えた「羽黒山」派は、徳川将軍家の庇護を受けるために、将軍家に保護されていた比叡山延暦寺にあやかり、「月山」とともに天台宗に改宗した。
幕府権力と結びついたことで勢力拡大を目指した「羽黒山」派は、「湯殿山」派を支配下にするため、『湯殿山は羽黒山の末寺(まつじ、本山の支配下にある寺院のことを指す)である』との訴訟を幕府に繰り返し行う。
これに対し「湯殿山」派は『当山は即身成仏した空海が開山した真言宗である(から天台宗の末寺ではない)』との反論を展開。その主張を裏付けるために、実際に即身仏を生みだす必要に迫られ、1683年(天和3年)に本明寺の僧、本明海上人が厳しい修行の末、即身仏になったのではないかという説もあるらしいのだ。

信者獲得、宗派間の格付けなど、本来の信仰、修行とはかけ離れた、権力争いで即身仏が始まったとは、あの有り難いお姿からは想像もできないのではないだろうか。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.