日刊大衆TOP コラム

【パンチ佐藤】カープ女子に黒田投手の復帰…いま広島がアツイ! 超野球好き芸人・ヴェートーベンとベースボール対談

1isii1

パンチ佐藤の「野球が一番!」
第10回 カープ女子に黒田投手の復帰…いま広島がアツイ! 超野球好き芸人・ヴェートーベンとベースボール対談


3月!! いよいよ球春到来。まもなく、ペナントレースが始まります。今年はどんなドラマが生まれるのか――いまから楽しみですね。
さて、今回から「球春スペシャル」と題して、“超野球好き”のお笑い芸人・ヴェートーベンをゲストにお招きして野球放談。それも僕が現役だった頃、90年代の超レアな話を存分に公開します!


001
左から久保隆、パンチ佐藤、青井貴治


パンチ佐藤(以下、パンチ)「ヴェートーベンの久保君と青井君は、広島東洋カープファン? きっかけは?」

久保隆(以下、久保)「僕の実家は広島市民球場の近くなんです。それで物心ついた時からカープでした。印象に残っているのは、僕が小6の時。91年にカープが優勝した時ですね」

パンチ「どういう打線だったっけ?」

久保「野村謙二郎、正田耕三、前田智徳、江藤智、西田真二、ロッド・アレン…。江藤がバリバリの若手だった頃です」

パンチ「僕が(オリックスに)入団した頃かなあ?」

青井貴治(以下、青井)「パンチさんは89年のドラフト1位なので2年目ですね。(広島の)佐々岡(真司)さんがフル回転したのが91年です。ちなみに、僕はドラフト時、パンチさんが上田(利治)監督から電話頂いていたシーンを『リクルート』のCMではなく、テレビでしっかり見ていて、今でも鮮明に覚えています」

●“カハンシン(下半身)ファン"が熱く語る!?

パンチ「カープの魅力って、何なんですか?」

青井「カープは、地元に密着しているところが最高だと思います」

久保「といいながら、こいつ(青井)実は阪神ファンなんです」

青井「何をいっているんですか! パンチさんの前で…」

パンチ「やっぱりそういう人もいるでしょう? それはいっちゃいけないの?」

青井「いうことによって、身に危険が及ぶ可能性もありますね」

パンチ「確かに、広島はアツイから…」
青井「しかもけっこう、カープの仕事をさせてもらっているんです。カープの番組でいつもならば、“カープファン”、“お前阪神ファンだろ”というボケはウケます。ところが、クライマックスシリーズでカープが阪神と戦った時は全くウケない」

久保「逆にギスギスしちゃいました」

青井「ファンの方も優勝が本気で狙える感じになってくると、本気モードが高まる。僕は、広島出身なのでもともとはカープファンですが、阪神も好き。で、“どこのファンや”と聞かれた時に“(カープと阪神をもじり)カハンシン(下半身)ファンです”というようにしています。そうしたら笑ってくれて…」

パンチ「なるほど(笑)。(阪神)タイガースはどこが好きなの?」

青井「パンチさんのドラフトを見たのは僕が小学4年生の時。92年、中学に入学した時から本格的に野球を始めました。その時に阪神で活躍していた、亀山努さんと新庄剛志さんに強い憧れを感じました。特に、新庄さんが好きで阪神に惹かれました。92年は中村勝広監督のもと、すごく強かったですよね。それに母親が尼崎の人間でして、そういう縁もあって…」

●“カープ女子”誕生の顛末は…

パンチ「ところでさあ、何で“カープ女子”ができたの?」

青井「誕生は2014年です」

パンチ「オリックスもカープと一緒で阪急の流れがあるから、渋い男のファンばかりだったじゃない。それがカープは一転、女性ファンだらけ…」

青井「ファンの視点が変わったんだと思います。今まで巨人人気がダントツでしたが、今はネットやCS放送があり、12球団全てが視聴できる。今までスポットの当たっていなかったカープやオリックスにも注目が集まるようになり、野球の見方も変化したんだと思います」
パンチ「それは僕も同意見。パスタでいえば昔はナポリタンとミートソースしかなかったじゃない。それがイカスミ、カルボナーラがあると知った。 そういう感じで、日本ハムが“あれ? 意外といいじゃん?”って。カープもそうだったんじゃないかな。カープはパスタでいうと何だろう? 魚介類かな…。“カープ女子”誕生の背景は、やっぱり若手選手なんだろうか。横浜スタジアムに観に行った時にね、もう(DeNA)ベイスターズの順位が決まっていたから、カープVSベイスターズなんてガラガラだと思って行ったら、スタンドが真っ赤で超満員!」

青井「そういうの嬉しいですよね。番組の取材で神宮球場に行かせてもらったんです。(ヤクルトのベンチ側である)ライトの一部分に応援団がいましたが、それ以外は全部真っ赤だったんですよ。まあ“カープ女子”に便乗している“にわかカープ女子”もいますけどね」

●“にわかカープ女子”の出現…ユニフォームが可愛い?

パンチ「その“にわかカープ女子”は何でカープに魅力を感じているのかな」

青井「多分、ユニフォームを着た自分が可愛いというのがあるんです」

パンチ「ああ、あれが! あの赤いユニフォームが…。そうなんだぁ。でも、まあいいじゃない。昔、広島のイメージといえば『仁義なき〜』。なるほど、真っ赤なユニフォームは可愛く見えますねぇ~」

青井「ちなみに、カープ女子のイメージである真っ赤なユニフォームはビジター用なんです」

パンチ「時代が変わったなあ! 僕の時代は(ビジターは)グレーだったよね。真っ赤なユニフォームなんてあった?」

久保「最近は復刻ユニフォームも流行っていますよね。昭和時代のユニもカープ女子に人気です」

002

青井「いま、どこの球団もユニフォームにめっちゃ色を出しているじゃないですか。元プロ野球選手として、どう思いますか?」

パンチ「タイガースが黄色になったりすること?」

青井「それもそうですが、例えばソフトバンクはシーズン中、紫やピンクのユニフォームを期間限定で使用していますよね」

パンチ「いまは多分、僕の現役時と違い、安価でユニフォームを作れるからなんだろうね。すぐに売れますしね。僕はタイガースが緑になったりというのは、やめて欲しい派だねぇ。もっというと、カープのセカンドの彼なんか、演歌歌手のジェロじゃないんだから…帽子の庇はせめて山型にしてもらいたい」

久保「菊池涼介ですよね。あの帽子のかぶり方(庇を折らず、まっすぐにしている)、ダメですか?」

青井「視野が広く見えるように曲げていない、守備のことを考えているみたいですよ」

パンチ「そうなの?」

久保「フライも視野に入るそうです。決して、格好つけているわけではないらしいです」

パンチ「ちょっと納得した。理にかなっているわ。カープでは誰が好きなの?」

●広島復帰の黒田博樹投手にワクワク!

久保「僕は、黒田博樹さんになりましたね。帰って来てくれるとは思っていましたが、まさか、このタイミングで…」

パンチ「黒田は野村(謙二郎前監督)と(相性が)合わなかったのかな~」

久保「野村さんの著書を買ったんですが、野村さんとはオフに毎年会っていたらしいですよ。いろいろやり取りをしていたそうですが、去年(14年)の12月は、これまでとは明らかに黒田さんの様子が違ったみたいです」

パンチ「(二人の不仲を報じた)某週刊誌を気にし過ぎなのかなあ~」

久保「まあ、本だけでは真相はわかりませんが」

パンチ「青井君は誰のファン?」

青井「僕は特定のファンはいません。野球が大好きです。いま、ニュースを見ていて一番見たいと思える選手は大谷翔平選手です。カープでいうと…広島東洋カープ球団を愛しています」

パンチ「カープというのは、選手を原石から育ててダイヤモンド(スタープレーヤー)になったら、他球団に持っていかれる。それでも“どうぞ”と譲り渡すからね」

青井「僕らも漫才のネタにさせていただいています。僕は阪神ファンなので、カープはやさしい球団だと。スターを育て上げては阪神に垂れ流しするという…。ありがたいです」
パンチ「僕は、江藤、前田、金本(知憲)と二軍で一緒にやっていたんだよ。ある日、前田がいなくなってさ、“熊本に帰る”といい出した。“オレより下手なやつがどうして一軍なんだ”って。前田は当時18、19歳。山本浩二監督が呼び止めて一軍に昇格させたの。その代わり“結果を出せ”ということになり、見事、結果を出したんだ」

久保「そうなんですねぇ」

パンチ「その頃は、江藤がキャッチャーからサードに転向した直後。笑えたのは、キャッチングの癖でゴロは右膝をついて捕る。内野のグラブさばきをコーチとつきっきりで練習をしていたね。あと、金本君はマッチ棒みたいに細くてさ、頭も丸くて。炎天下の神戸第2球場で、三塁ベンチからライトまで全力で走るというのが印象的だったね」

●江藤、前田、金本選手…スタープレイヤーの意外な話

青井「スゴイ面子ですねえ…。なかなか聞くことができない話です!」

パンチ「当時、カープはユニフォームを自分で洗ってたんだよね。クリーニングに出せないの」

青井 「マジっすか?」

パンチ「かわいそうだったなあ。そういう球団だったねえ。正田さんや大先輩方の伝統で、夜中にマシンの取り合いするくらい練習する。ホントに、よく練習する球団だっただけに余計、ユニフォームの手洗いはインパクトがあったなあ」

久保「へえ~」

パンチ「ところで、Kさん(広島で活躍した偉大な選手)の赤いスポーツカー事件、知ってる?」

青井「えっ? 何のことです?」

パンチ「H高校からカープに入団。Kさんは、赤いシャツ着て赤いスポーツカーに乗って遊び回っていたんだよ。そうしたら、事故っちゃってね。当時の根本(陸夫・故人)管理部長が免許を取り上げてさ、“お前の暴れるところはここ(警察沙汰)じゃないだろ!”とかいって。その後、Kさんは某賞を受賞。国民的名選手になった」

青井「ヤンチャな人が多かったんですかね?」

パンチ「そう、広島にはTさんという名物キャラクターがいた。詳しくは次回に話しそう。やっぱり“野球が一番!”だね」

パンチ佐藤(ぱんち・さとう)プロフィール

1964年12月3日生まれ
亜細亜大学から熊谷組を経て、オリックスにドラフト1位で入団。プロ野球時代、トレードマークのパンチパーマと独特な発言で人気者に。引退後はタレントとしても活躍し、2015年シーズンからBCリーグ『武蔵ヒートベアーズ』の宣伝本部長に就任した。

【パンチ佐藤】カープ女子に黒田投手の復帰…いま広島がアツイ! 超野球好き芸人・ヴェートーベンとベースボール対談

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.