日刊大衆TOP 芸能

暴露特報 絶対に表に出てこない芸能美女たちの愛人伝説スッパ抜き

[ヴィーナス05月05日号]

暴露特報 絶対に表に出てこない芸能美女たちの愛人伝説スッパ抜き

タレントで食えない時代から今に至るまで「夜のスポンサー」が彼女たちを支えていた!?

ここ最近、芸能美女に新たなジャンルが登場した。ズバリ、"愛人系"だ!
メイクや立ち居振る舞いを、わざわざ愛人ふうに演出している若手美女も急増中というが、実は単なるキャラではないという人も……。
本誌だけの禁断レポート!


現在「愛人にしたいグラドルナンバーワン」の肩書きで大ブレイク中のH・M(30)こそ、"ホンモノ"の筆頭だという。
「彼女は高校時代に上京してきたんですが、その当時から、彼女持ちか既婚者としか交際したことがないそうです。つまり愛人率100%。ああ見えてサッパリした性格で上昇志向が強いため、女々しい恋愛感情より"金と権力優先"の割り切ったつきあいのほうが楽みたいですね」(芸能プロ関係者)

2012年に現在の所属事務所に移籍したHだが、前の事務所時代は、さらに"本領"を発揮していたそうだ。
「前の事務所は仕事がないタレントを"接待要員"にするという噂もありましたが、なかでも彼女はエースと呼ばれていたそうです。前事務所退社後も、仲の良いM・Yらとテレビ局幹部や会社の社長が集まる飲み会に行っては、自分の武器であるおっぱいを腕に押しつけたりし、サービス精神旺盛に"愛人活動"に勤しんでいたそうですよ」

放送作家は伝説のエピソードを話す。
「H、Mらの女子会をこっそり隠し撮りするという番組企画があったんですが、いざ撮ってみると、彼女たちがあまりにも生々しい愛人トークを繰り広げて、ほとんど使える箇所がなかったため、その企画自体が消滅したとか(笑)」

まさに恐るべき愛人力なのだが、そんなHには、こんな"愛人名言"が残っているという。
「彼女は、"スポーツ選手の愛人には絶対にならない。だって、将来ないじゃん"と言っていたそうですよ」(前出の芸能プロ関係者)

やみくもに愛人をするのではない、したたかな計算のうえで動く彼女。しかし、ここ最近は愛人キャラが浸透したことで、
「一度ただ飲んだだけなのに、"H・Mは俺の愛人だ"という輩が出現しだしたそうで、それにはさすがの彼女も辟易。なので、今はもう一切やっていないそうですよ」

と、どうやら愛人業はキャラのみになったようだ。
Hに先駆けること数年前、「学生時代のアダ名は愛人」と告白したことで、愛人キャラが定着しブレイクへとつながったD・M(34)も、視聴者の期待を裏切らない愛人ぶりを発揮していたという。
芸能ジャーナリストの片岡亮氏が明かす。
「Dさんがブレイク前に出演し、S・Aさんと共演した映画『私の奴隷になりなさい』の試写会でのことです。SさんがDさんに対し、尋常じゃなく気を遣っていたので不思議に思い様子を伺っていると、Dさんは映画のスポンサーと終始イチャイチャしていて……なるほどと思いました」

D・Mのさらに先輩格といえば、F・N(43)ではないだろうか。かつて、「S・Sの後押しでメジャーになった」のは有名な話だが、彼女の"愛人歴"は、それだけではないという。
「実は、会社の金55億円をカジノにつぎ込み大事件になった、あの会長の愛人だったという説があるんです。時期は事件の1年半前くらいまでで、会長が自慢げに連れ立って歩く姿がよく目撃されていたとか……」(夕刊紙デスク)

そのNは、09年に前夫のJ・Tと離婚。離婚理由の一つに挙がったのが、Jが元AV女優でタレントのO・N(33)との浮気話だった。だが、「単なる浮気ではなかった」(女性誌記者)という話が……。
「Jは彼女のためにマンションを用意し、彼女も"2番目でいいから"とすがるなど、完全に"第2夫人"状態だったそうですよ」

愛人モノの作品も多数手がけてきたAV監督の溜池ゴロー氏も、「彼女は一途な子だからね……」と話す。
「AV時代は、演技のセンスはよくはなかったけど、全力でぶつかってくる根性の持ち主でしたね。不器用で素直な子だから、失敗するとすごく落ち込むし、プレゼントをもらうと手放しで喜ぶし、真面目な話をしたら泣きながら聞く。男にとって、最高にかわいい女ですよ」

対照的に「器用にやりこなしている」といった話が浮上するのは、K・Y(32)やI・S(31)などのベテラングラドルだ。
「彼女たちは、よくテレビ局幹部の飲み会に参加することで有名なんです。Kさんは出産直後から熱心に参加していましたし、Iさんはお酌のプロ。ズバ抜けた気遣いで、権力のある男たちを骨抜きにしているといいます」(前出の片岡氏)

息の長い2人に比べ、結婚を機にあまり姿を見なくなったグラドルもいる。
14年に実業家と結婚したY・A(33)も、そんな一人。
「彼女は演技方面にも行かず、かといって年齢的にグラビアも頭打ち状態で、"どうしよう、もう愛人しか道がないかも……"と本気で悩んでいたと聞きます。さらに同世代のグラドルたちが次々と結婚。そんなとき、もともと友達だった現夫を結婚対象に切り替え、即結婚に持ち込んだそうです」(グラビア誌編集者)

12年に映画監督と結婚し、今年7月に第1子を出産予定のI・W(34)にも、仰天の愛人伝説が。
「うちの業界内では、"Iは大手ゲーム会社社長の古い愛人"という話が流れています。社長がIに、"2億円払うから、中出しさせて"と懇願したなんて噂も。さすがに、どうなのか(笑)」(ゲームメーカー関係者)

ここまでくると都市伝説だが、彼女に中出ししたい気持ちは男なら誰だって頷ける。
大物ばかりの"イイおじさん4人衆"!!

だが、愛人を欲している男の中には、彼女たちのような有名人よりも"素人"狙いも多いという。なかでもAKB48周辺は、そういう輩の間では「狩り場」と呼ばれているという話も……。
「SKE辺りの下位人気の子たちが、夜な夜な怪しげなクルージングパーティに、あの衣装のまま参加させられている、という噂を聞いたことがありますね」(IT企業幹部)

だが、上位人気はそうはいかない。
「O・Yさん(26)は子役出身で芸歴も長いため嗅覚が鋭く、怪しい男には近づきません。M・Aさん(23)は恋愛体質のワガママ娘なので、"オジサンに抱かれて仕事を得よう"などという気はサラサラないでしょうね」(片岡氏)

一方、芸能マスコミ関係者が口を揃えて、「今、愛人の条件を一番揃えている」と言われているのが、人気急上昇中のグラドル・O・N(23)だという。
「ブログを見ると、毎日のように高級店に行っている様子をアップしている時期がありました。彼女の給料では、どう考えても行けそうにない場所ばかり。"社長合コン"か"愛人業"のどちらかが濃厚でしょうね。ブログって結構、愛人を見つけるヒントが落ちているんです。ブログを読んで、"なんで、この人がこんなにセレブな暮らしをしているの?"と疑問に思うタレントがいたら、まずは愛人と疑うようにしています」(前出の女性誌記者)

当然だが、愛人は相手がいて初めてできるもの。お相手の職業は会社社長やテレビ局幹部、広告代理店社員などさまざまだが、芸能界でも愛人たちから評判がいい男たちがいるという。
「愛人している芸能美女たちから"イイおじさん4人衆"との称号が与えられている」(片岡氏)というのが、M・M(70)、S・K(65)、お笑いコンビのH・M(51)、そして11年に芸能界を引退したS・S(58)の4人だ。
「かつてのSさんは、必ず自分の番組で"愛人"を売り出していたのは周知の事実ですよね。さらに、彼が経営する飲食店で働く女性たちが、やけに美人ばかりだなあと思っていると、実は囲っている無名タレントだったんです。一般的には良い印象のない彼ですが、愛人間では"必ず仕事をくれるイイ人"と評判です」(片岡氏)

意外なのは、M・Mも同様だ。
「セクハラ事件などでダークな印象がありますが、夜の街では金払いがイイことで評判が良い。でも、今は愛人遊びもおとなしくなったそうです」(前同)

昨年、愛人であるタレントとの2ショットを写真週刊誌に撮られたHちゃんはどうだろう。
「撮られたあと、彼女は芸能界引退と愛人関係解消に追い込まれましたが、Hちゃんに対しての恨み事など皆無。理由は、なんでも、手切れ金として約8000万円の高級マンションをポーンと譲ってくれたそうで、別れたあとも絶大な信頼を寄せているといいますよ」(前出の夕刊紙デスク)

Sも負けず劣らずの評判だ。
「"バレない・揉めない・優しい"と三拍子揃った"飼い主"の鏡。そして、去る者追わず、来る者拒まずなので、Sさんの周りは女性が多いわりに揉め事は一切ないんです」(前同)
さすが、イイおじさん4人衆だ。

さて、愛人になるのは、何も女性芸能人だけではない。なんと"逆愛人"を務めていたという噂が流れているのが、元K-1チャンピオンのM(36)だという。誰の"お相手"をしていたかというと……。
「H・Kさん(76)ですね。何をするかというと、Mは股間キワキワのブーメランパンツを履いて、プールサイドにビキニ姿で寝そべるHさんを、"先生、お綺麗ですね。なんて美しいボディなんだろう!"と褒めまくるんだそう。それで1日100万円の契約だったと言います。ベロベロに酔ったM本人が話していたそうですから、信憑性はかなり高いのでは(笑)」(同)

新たな愛人伝説は、今日もどこかで生まれているのかもしれない……。

暴露特報 絶対に表に出てこない芸能美女たちの愛人伝説スッパ抜き

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.